スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け 1巻  ピュアホワイト!

君に届け 1巻 (マーガレットコミックス)
椎名軽穂 (著)

関連記事は以下
君に届けの感想一覧へ

今や大人気の君に届け。
読んだきっかけは2008年度の「このマンガがすごい!」で一位だったから。
もうすっかりはまってしまった。
爽子がかわいいんだわもう!

では行きましょう!

主人公は黒沼爽子。あだ名は貞子!
IMG_0747
怖いよ!! 
貞子ってあだ名も納得だわ・・ しかしその中身はこんな感じ。
IMG_0751

かわいいじゃないか!
なのに挨拶するだけでなぜそうなるんだ(ノД`)


この誤解されてて、恐れられてて、
友達もいない爽子の世界を変えていくのが、
風早!
IMG_0752
クラスの中心であり人気者。
爽やかからできてます!ってくらいの爽やかっぷり(笑)

IMG_0753
爽子さん・・
挨拶されただけでそんなに喜んでるのに・・・
そこはすげーかわいいのに・・・
口に出そうとするとなんでそんなに怖いの!
後ろで言おうとしてるけど、おはようって言えてない!言えてないよ!


今まで誰も爽子に近づいて来なかったけど、
風早だけは分け隔てなく接してくれます。
そんな様子を見て、周りのみんなの誤解がどんどん解けていく。

そして、
IMG_0757
「手伝うよ」

今までずっと1人だった。
普通に話すことすらできなかった。
避けられてた。

それが手伝うよって言われてどれほどうれしいか・・
そりゃ泣いちゃっうよ!あーかわいいなもう!

こうなれたのも全部風早のおかげ。
風早が当たり前のように接してくれたから。
IMG_0758
「・・・ありがと・・・!」
すごくいい笑顔。
この笑顔なら絶対貞子だなんて言われないのに。

爽子と風早の間にこれからどういう感情が生まれていくか。
その進展に大いに期待。


しかし爽子は見てるだけで和むわ。癒される。
君に届けは恋愛要素もいいんだけど、爽子のキャラとしての魅力がすごく大きいと思う。
万人に愛されるキャラだよなー

続きは以下
君に届け2巻

tag : 君に届け

百舌谷さん逆上する 1巻  ツンデレの内面をシリアスに描く

百舌谷さん逆上する 1巻 (アフタヌーンKC)
篠房六郎 (著)

関連記事は以下
百舌谷さん逆上する 1巻 2巻 3巻前 3巻後 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻

「百舌谷さん逆上する」
私の中で2009年に読み始めた漫画で第一位。一番面白かった。

以前からツンデレ漫画とは聞いてたので、
「どうせただの萌え漫画だろ」と思って手を出してなかったのですが・・
なめてた。
篠房六郎の世界をなめてた。
ツンデレの心理を深堀りしたらどうなるのか、という傑作だった。
傑作はピンと来ないな。怪作かな・・?
いろいろ変態だしな!

では紹介。

この世界ではツンデレは病気として扱われてます。
そして主人公の百舌谷さんは「ツンデレ」です。
IMG_1079
自己紹介での一言。
なんというツン・・・あまりにひどい・・・ 
 
作中でのツンデレとは、
「好意を持ったときに攻撃的な言動や行動を取ってしまい、それを抑えられない」
という病気です。

つまり親切にされたり、嬉しい気持ちになると、
IMG_1091
暴れてしまう。 

この直後の一コマ。
IMG_1080
「ツンデレの子に親切にするだなんて一体何を考えてるんですか!?」
貴方達ももっとこー普通にこの子が仲間の輪に入れず物欲しげに眺めててもシカトしたり
「だから何?」的な冷たい視線を飛ばして相手をヘコませたり、
わからないことがあってオロオロしてたらそれを遠くからただ眺めて鼻で笑ったりすべきです」
「わかりますか?貴方達に足りないのは他人に対する思いやりです!」
 

ここで先生ひでぇwって笑っちゃったんだけど、
意外と笑えないことにあとで気付くんですよ。
誰とも仲良くすることができないってことですからね。

好意を持ったらどうしても暴れて傷つけてしまう。
だから人を遠ざける。

IMG_1089
「まずは一切の希望を捨てなさいーーー
ーーー最初から全員敵だと思って十分に防御を固め警戒すれば致命的なダメージは避けることができるじゃない」 


これが小学生の思考かよ・・
全てに対する絶望。
甘く見てた。少し怖くなった。


というわけで誰とも友達になれないどころか、
通常の人付き合い自体ができない百舌谷さん。
だがついに友達ができる!
それは樺島君!
IMG_1082
友達・・・?
下僕・・・?

なんで樺島君ならツンデレの症状が出ないのかというと、
IMG_1083
 「ずっと先まで考えても私の病気が出るくらい好きになったり尊敬できるようになるって心配も全然ないわ!
だってほら樺島君って結局人の水着を盗むような変態だったりするわけじゃない!?」
 

全く好きになれないから近づいても大丈夫、という逆転の発想!
だが哀れ樺島・・・ 

というわけで今後はこの唯一の友達(下僕)の樺島君と一緒に行動していくことになります。
こやつのドM変態っぷりも語りたいけどまたそれは次の巻あたりで。

最後に1巻でツボったシーン。
ツンデレに告白した場合どうなるのか・・・
IMG_1087
OKでもNOでも返事一緒じゃねぇか!!
これじゃわかんねぇよ!

そして実際は、
IMG_1088
ですよねー


ツンデレをシリアスに語ってるけど、
いろんな意味で変態だし、
笑いどころも満載だし、
ほんとどう語っていいのかわからない。
でも面白いのは間違いない! 

是非一度読んでみることをおすすめします。

続きは以下
百舌谷さん逆上する2巻

 

イエスタデイをうたって 1巻  陰のある三角関係

イエスタデイをうたって 1巻 (ヤングジャンプ・コミックスBJ)
冬目景 (著)

関連記事は以下
イエスタデイをうたっての感想一覧へ
ACONYの記事はコチラ
マホロミの記事はコチラ

EXの感想書いてからってのも変な話だけど、
書きたくなっちゃったので。

というわけでイエスタデイをうたってです。
この漫画の基本は三角関係。

主人公はこいつ。
魚住陸生。フリーター。
IMG_1036
コンビニの寄付を盗むダメっぷり。
ヒロインは野中晴(ハル)
IMG_1037


そして森ノ目榀子
IMG_1039

好意を矢印で表すと、

ハル⇒リクオ⇒榀子⇒??

こんな関係。

これだけなら少女漫画とかでもよくある三角関係もの。
じゃあイエスタデイをうたっての魅力とは何か、と言いますと、
”雰囲気”です。

冬目景独特の陰のある雰囲気。
”暗い”まではいかないけど、どんよりとした曇り空のような空気。
私は勝手に”灰色の雰囲気”と呼んでますが(笑)
この作品に限らず冬目景作品にはだいたい共通して言えることですよね。
この雰囲気が好きだから、この人の作品はどれを読んでも楽しめる。
安心して作者買いできる漫画家だと思います。
一向に完結しないのがネックだけど・・・

話はそれましたが、このイエスタデイをうたってに登場するキャラクターもそんな雰囲気を漂わせてます。
作中で榀子先生が語るシーン。
IMG_1041
「同じ所いつまでもぐるぐるしてるんだよ」

この作品の登場人物はみんなそうですよね。
停滞していて進んでいない。どよーんと淀んだような状態。
恋愛もそれ以外もそう。
そんな状態から少しずつ少しずつじわーっと動いていくのが面白い。

最後に1巻で好きなシーンを二つほど。 
IMG_1042
リクオが榀子に告白したあとのシーン。

この人生やめてぇーーーって叫んでるこのシーン。
リクオの気持ちがすごくわかる!
もう恥ずかしいやら悲しいやら情けないやらでいろんな気分がごちゃまぜになってもうウワアアアってなるんですよ!そうなんだよ!
経験ありませんか!?

そして何回読んでもカーッとなって体温が上がってしまうシーン。
IMG_1040
この直前のシーンがそうなんですが、あえて載せない!もったいない!
ここはもう何度読み返しても読み返すたびに、恥ずかしくてカーッとなって転げまわりたくなる。まともに読めない(笑)

すごくいいシーンなんですけどね!


というわけであえて言うまでもないでしょうが、超おすすめです。

続きは以下
イエスタデイをうたって2巻

よつばと! 9巻  ジュラルミン登場

よつばと! 9巻 (電撃コミックス)
あずまきよひこ (著)

今日発売のよつばと!9巻。
この9巻も楽しかった。癒された。

関連記事は以下
よつばと 1巻 9巻 10巻 11巻 12巻

今回の主役はジュラルミン!
IMG_1060
 よつばはぬいぐるみ持ってなかったもんね。
恵那のぬいぐるみでよく遊んではいたけど。

だから買ってもらえるってわかったときの反応がこれですよ!
IMG_1063
羽根飛んでるし!
この喜びようなら買ってあげる甲斐があるってもんですよ。

んでんでその選び方がかわいいw
IMG_1062


IMG_1061
いやされるなー
なごむなー

買ったぬいぐるみはジュラルミンって名前にして、
そのあともずーっと一緒にいるんですよ。
こういうの見てると女の子なんだなーと思うね。
女の子・・・でいいよね?
よつばは普段性別を感じさせないからなぁ。

ぬいぐるみのとこに限らず相変わらずよつばの行動を見てるだけで癒される。
ほんといいわ。楽しい漫画だ。


今回は風香も面白かった。
「お菓子ターイム!」と言って登場。
IMG_1065
風香は試験期間中ですから勉強しなきゃいけません。
遊ぶだなんてとんでもない!
もちろんお菓子タイムが終わったらすぐ勉強に戻るわけですよ!

 IMG_1066
「みんなでよつばちゃんちにおしかけますか」
あれ?
よつばの家に行っちゃうの?勉強は・・・?


IMG_1073
隅でひっそり積み木で遊んでるし!

この「できた」って言ってちょこんとしてるとこがじわじわ来る面白さw

テスト期間中はほんと他のことしたくなるよなー
掃除しだしたら漫画を手に取っちゃって・・・とか定番過ぎる。


というわけでこの9巻もいつも通り安心して楽しめるよつばワールドでした。
いやされた!
よし、日めくりも買っちゃおうかな。

ちなみにやんだのこの発言。
IMG_1059
「こおろぎって子供の頃超平気だったのに大人になるとちょっとひきますよねー」
これピンポイントで当てはまった。 
昔は捕まえてたのに今はこおろぎ大嫌いだもんな・・・
私だけじゃなかったのか。

続きは以下
よつばと 10巻  とーちゃんがかっこいい!
 

ストロボ・エッジ 7巻  赤面する蓮にニヤニヤが止まらない!

ストロボ・エッジ 7巻 (マーガレットコミックス)
咲坂伊緒 (著)

関連記事は以下
ストロボエッジ 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻

昨日最新刊の7巻が発売、ってことで早速感想を。

6巻は安堂と蓮の友情話がメインだったのですが、
この7巻はついに蓮と仁菜子の恋愛モードが加速。

そしてこの7巻の目玉はなんと言っても・・・
照れる蓮!
IMG_1051
これはニヤニヤせざるを得ない。
登場時はあんな大人びたクールキャラだった蓮が・・・(遠い目)


さて仲良く話せるようになったけど、
お互いただの友達同士だと思ってる仁菜子と蓮。
IMG_1043
まあお互い好きなので完全に誤解なわけですけどね!

やっと普通の恋愛漫画が始まった!ってとこですよ。
付き合う前の一番おいしいところ。
しかもキャラへの愛着が深まってるから更に楽しめるというこのおいしさ!
7巻にしてこれですよ!すばらしい!


今回のメインイベントは遠足。
その班決めで驚きの出来事が・・
IMG_1044
蓮から誘い来たぁああああ!
驚愕ですよ。
おいおい蓮からかよ!ってここだけでテンションあがっちゃったよ。
直前の安堂との会話であんだけそっけないこと言っといて・・・
その安堂との会話で勢いがついたんでしょうけど。

そしてその安堂は、
IMG_1046
「こ・・・心のブレーキもっとしっかり!!」
吹き出しちゃったよ。
メイン二人が動き出しちゃったらさすがにサブキャラになっちゃうよね。
それでも十分楽しませてくれるところはさすが安堂。


しかしまだまだこの巻の破壊力はこんなもんじゃない。
その遠足で仁菜子の服が汚れてしまい、着替えることに。
IMG_1047
やべーかわいい・・・
安堂の気持ちとシンクロした。これはとてもよいと思う。

そしてそれを見た蓮の反応は・・
IMG_1048
ちょっ!蓮が赤くなってる!!!
蓮の恋愛モードの加速っぷりが半端ねぇ。
あと安堂の驚きっぷりと突っ込みにも吹いた。安堂いい仕事するぜ。


ここまででこの7巻はやばい、蓮がやばい、と思いながら読んでたら・・
最強の一撃はそのあとにあった。
IMG_1049

「私があっためるからさ~~~~いつでも来いよ。なんつって」 
って仁菜子が冗談で言うんですよ。

蓮がそれにのっかって、
「あ、うん、じゃーーーはい。」 

って言ったあとの蓮がもう・・・
記事の最初に乗っけたあの耳まで真っ赤になる蓮!

そりゃ恥ずかしいわ。見てるこっちまで恥ずかしい。やっちまったってなるよ!
でもそれがあの蓮だからな・・・
ずいぶん変わったもんだ。

麻由香と付き合ってたころは本当に大人びてて、クールな感じだった。
でも今、仁菜子の前では、笑うし冗談言うし照れるしで年相応の高校生って感じがする。
素の自分を出せてるし、こっちのほうが絶対いいと思う。


感想では触れなかったけどこの巻は上原と裕太郎の話もメイン。
こっちもいい話だった。
巻末の補間ストーリーもありがたかったし。

というわけで見てて恥ずかしくなるような恋愛初期が楽しめるすばらしい巻でした。
大満足。
次が楽しみだ!
次からあの憎らしいキャラが出てきそうなのが唯一の懸念点だけど・・
あんまりドロドロしないで欲しいなー

続きは以下
ストロボ・エッジ 8巻  恋愛モードの蓮がかわいい!
 

tag : ストロボ・エッジ

ストロボ・エッジ 6巻  安堂と蓮の友情

ストロボ・エッジ 6巻 (マーガレットコミックス)
咲坂伊緒 (著)

関連記事は以下
ストロボエッジ 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻

別れた蓮のことはひとまず置いといて・・・
6巻のテーマは安堂と蓮の友情です。

5巻で安堂が蓮に対して割り切れない気持ちでいることが明らかになりました。
6巻ではそれが爆発します。
IMG_0736

IMG_0737
「なんで俺に何も言わなかったんだ」
「あれは未遂だっただろ!?俺知ってんだよ」
「なのになんでなにも言わねーの」 

言い放題です。
散々言ったあと安堂は、
「もーやだこんな自分 消えてー」
とへこんでるわけですが・・・

溜め込んでるばかりじゃだめです。
お互い溜め込んでたらもやもやしたまま過ごすことになる。
一回気まずくなっても、喧嘩しても、言いたいこと言ったほうが絶対いい。
誤解があれば解けるかもしれないし、
相手がどう思ってたかもよくわかる。


で、蓮の気持ちはどうか。
IMG_0741
「あいつを友達と思っちゃいけないのかなって。俺があいつをどう思っていようと」
「あの時俺がどれだけ・・・」

中学時代、周りにあまりよく思われていなかった蓮。
1人だった。
そんなとき話しかけてきた安堂に対して蓮は言う。
「俺としゃべると周りにいろいろ言われるよ」
こうしてみんな離れていく、そうあきらめていたのに・・・

IMG_0740
「俺はしゃべりたい奴としゃべるよ」


そしてこの描写ですよ。
IMG_0742
暗い世界に閉じ込められていた蓮が、
安堂によって広く明るい世界に助け出されてる。

さっきの蓮の「あの時俺がどれだけ・・・」の続きは「救われたか」ですよね。
 

こんな思いあってる二人だから(こう書くと違う意味みたいだが・・)
うまくいかないはずがない!

いろいろあるけど最終的には、
仁菜子のナイスアシストもあって無事仲直り。
仁菜子本人は気付いてないけどw
IMG_0745
これが蓮のうれしいときの顔らしい。
難易度高いぞw 

言いたいこと言って吐き出したおかげで、
やっと友達に戻れた気がしますね。 
まさに雨降って地固まる!

いいエピソードだった。
恋愛のほうはあんまり進んでないけどこれはこれですごくよかった。
大満足!

続きは以下
ストロボエッジ7巻
 

tag : ストロボ・エッジ

よつばと! 1巻  よつばは無敵だ

よつばと! 1巻 (電撃コミックス)
あずまきよひこ (著)

関連記事は以下
よつばと 1巻 9巻 10巻 11巻 12巻

いまさら感はありますが、
「よつばと!」です。
おすすめ漫画感想とうたってるのに、おすすめ漫画を書かないわけにはいかないもんね!


この漫画の魅力を一言で言うと、
IMG_0696
「よつばは無敵だ」

以上! 
この街に引っ越してきたよつばと父ちゃん。
「よつばが子供のパワー全開で暴れまわる!」
よつばと!はそんな話。

IMG_0688
引越しではしゃぐよつば。
「すげぇー!人がいっぱいいる!」
どこの無人島から来たんですか・・・っていう突っ込みは置いとこう。

主に絡むのは隣の綾瀬家。
IMG_0689
この3姉妹では風香がとても面白い。
ぼけてて笑わせてくれる。
この1巻でも笑わせてもらったw


よつばは子供の”純粋さ”と”無邪気さ”を取り出してバイキルトかけたようなキャラです。
圧倒的破壊力。
でもだからこそ毒のない無邪気さを楽しめる!
そこですよ。

IMG_0691
なんでもない1シーンだけど、はしゃぎまわるよつば。
これ見てるだけで和むじゃないですか。
ちょっと笑みがこぼれるじゃないですか。

IMG_0694
雨の中ではしゃぎまわるよつば。
こんなこと大人はやりたくないし、やるわけがない。

でもよつばがやってるのを見るとどうだろう。 
あーこんなことあったなー、とか。
楽しそうだなー、とか。
昔はこうだったなー、とか。
プラスの感情がいっぱいわいてくるじゃないですか。 

そういうのも含めて冒頭の
「よつばは無敵だ」
なんじゃないかと。

なんでもない買い物でも、本来は嫌なはずの雨に濡れることも、
全てを楽しめるよつば。
そしてそれを見て楽しい気分になる周りの人たち(読者含め)

全部が楽しいって無敵ですよ!


本当に”楽しい気分”にさせてくれる漫画です。 
あずまんが大王の笑える面白さとはまた違うベクトル。

もし読んだことがなければ絶対に読むべき。
超おすすめ漫画です。 

続きは以下
よつばと!9巻

 

ストロボ・エッジ 5巻  別れのとき

ストロボ・エッジ 5巻 (マーガレットコミックス)
咲坂伊緒 (著)

関連記事は以下
ストロボエッジ 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻

ついにこのときが来ました。
この設定ならいつかは必ず来る、
蓮と麻由香の別れのとき。
IMG_0728

やっぱり別れを切り出したのは麻由香からでした。
蓮は3巻で別れないって決意してたもんね。
理由の一つは仕事。

蓮と約束してる日に、いい仕事が入りそうになった。
そこで仕事を選んだ麻由香。
蓮との約束があるのはもちろんわかった上で。

仕事が自分の思ってるより楽しくなってることに気付く。
蓮よりも優先するくらい・・・ 
IMG_0734



もう一つは蓮の気持ち。
IMG_0735
「蓮の心の中には違う誰かがいるでしょ?」
「もう無理に消そうとしないでいいよ」

消そうとしてることまで完全に読みきられてる。
気付く描写はいろいろありましたもんね・・


というわけで別れてしまった二人。
蓮のショックの受けようが半端じゃない。
別れないって決意した直後にこれだもんなぁ・・
ここからは蓮がどう立ち直っていくか、ですね。


この5巻のもう一つのエピソードが安堂!
安堂を応援するサイトとしてこの話は外せない!(違

安堂がすごく好きだった前の彼女。
でも実はそいつは安堂の友達が好きで、
安堂の友達に近づくために安堂を利用してた。

こんな女許せん!
少女漫画にありがちな妨害キャラ。
こういうのが本編に絡んでくるとストレスたまって嫌なんですよね。
今は回想だから全然いいんだけど。 
IMG_0724

その安堂の友達。
「他の奴らがわからないソイツを俺だけはわかってるって
そう思える特別な友達だったんだ」

実はこれは蓮のこと。 


IMG_0725

「こんなのただの逆恨みだって分かってんのに
そいつと何事もなかったように接することができなくなって・・」
 
女が安堂を利用したんだから悪いのは女。
本当は蓮は悪くない。
でもそうざっくり割り切れるほど簡単なものじゃないよね。 
蓮がいなければ・・蓮のせいで・・少なからず思ってしまう。
彼女のことを本当に好きだったからなおさらそうだよね・・


これで蓮と距離を置くようになった、という安堂。
IMG_0727
「でも純粋に友達でいられたあのころにはもう戻れないんだろうなー」

悲しい・・
安堂も蓮もどちらも悪くないのに・・・


ちなみに安堂と蓮の出会いを描いた話が最後に載ってます。
こういう補完ストーリーを入れてくれるのがすごくいい。蓮と彼女の出会いとかもそう。
すばらしい!

というわけでついに蓮が別れたこの5巻。 
次から大きく動きそうだ。
もちろん安堂からも目が離せないよ!

続きは以下
ストロボエッジ6巻


 

tag : ストロボ・エッジ

宙のまにまに 7巻  文化祭!

宙のまにまに 7巻 (アフタヌーンKC)
柏原麻実 (著)

関連記事は以下
宙のまにまに 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻

さあ最新刊の7巻が発売しました。
この7巻の目玉は文化祭!

天文部の活動としては2回目。
そしてこのメンバーでできる文化祭は今回が最初で最後。
特に美星と小夜は卒業してしまう。 

じゃあ天文部として何をやるか、と言いますと、
IMG_1028
「学校を巻き込んで観望会を開くのはどうかな・・・!?」

規模でかっ! 
今までならこういう美星の発言に振り回されてた朔だけど、
今回は一味違う。
「やってみよう。きっと何かやりようがあるよ。」
と来たもんだ。

朔がすごく成長してるように見えるぜ。
一巻でうわああああとかあわてふためいてたのが嘘のようだ。 

というわけで天文部一致団結。
IMG_1029
「文化祭を星空でのっとろう!!」
いいねいいねかっこいいね!


さて星空を見るためには夜じゃなきゃいけません。
でも夜まで文化祭を続けるのは難しい。
それに天文部のためだけに、と言ってもなかなか動いてくれない。
そこを何とかクリアしようと朔が考えたアイディアが・・

IMG_1034
前夜祭!
ステージが埋まってて使えない他の部も巻き込んで、前夜祭を開催することに。
さすが朔!ナイスアイディア。 

このあともいろいろトラブルはありますが、 
結果がどうなったかは是非実際に読んでみてください。

でもこういう風に他人も巻き込んで、
みんなでがんばること自体がすごく価値のあることだと思う。
まさに青春というやつだよ!
私の青春はどこにあったんだよ!(関係ない)


あと今回も姫は良いです。とても良いです。

一度前夜祭に致命的なトラブルが発生したときのこと。
心底悔しがる朔の姿を見て、
 IMG_1031

「うまくいかないことを願ってたわけじゃない・・・」
「でもほんの少しのほの暗い気持ちがつらい・・・」

こういう経験ある人いるんじゃないでしょうか。
失敗しろ!とまでは願ってないけど、心から成功を祈ってたわけじゃない。
でもそれが実際うまくいかなかったときに、
みんなとは違う意味では落ち込むんですよ。自分が嫌になって。
自分の人間の小ささを感じる瞬間。

ま、そんな私の話はさておき、ここでがんばれるのが姫!
IMG_1033
あの姫が髪をくるくるにしてでもがんばるだなんて・・・
ある意味トラウマ克服か!?


あと今回は姫が主役の話が一つあります。
姫にラブレターが届くのですが、そのときの反応がこれ。
IMG_1035
かわいすぎんだろ!
慌てすぎw

でもこの容姿だったら告白されまくってると思ってたのにこのてんぱり具合。
予想外だが・・これはこれで良し!

3年生にとっては最後の文化祭、ということで、
美星達の卒業を意識し始めた7巻でした。 

美星が卒業したら終わりだよなぁ・・たぶん。
次も楽しみ。

続きは以下
宙のまにまに 8巻 あの伏線がついに!
 
新刊(レビュー予定)
最新記事
検索フォーム
記事一覧
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
履歴
2009年10月26日 ブログ開設(livedoor Blog)
2010年2月24日 GetNavi4月号に掲載
2010年3月2日 ブログ村 コミックス感想にて初の1位獲得
2010年4月24日 FC2 BLOG(現サイト)に移転
2010年6月 10万アクセス
2011年3月 30万アクセス
2011年7月 50万アクセス
2012年1月 80万アクセス
2012年5月 100万アクセス
連続更新記録933日達成!
カウンター
プロフィール

漫画をこよなく愛する社会人。
コミックス派。

傑作だと思う完結済作品
コチラ

好きな漫画のタイプ
・王道少年漫画(ワンピ、ハンタ、青エク、etc)
・恋愛もの(ラブコメ&少女漫画)
・子供が主役(よつばと!、うさぎドロップ、etc)
・心理戦(福本作品、嘘喰い、ライアーゲーム、etc)

好みの作品が多い雑誌は、
週刊少年ジャンプ、モーニング、
アフタヌーン、別冊マーガレット

好きな作者
荒木飛呂彦、福本伸行、藤崎竜、冬目景、篠房六郎、藤田和日朗、おがきちか、冨樫義博、岩明均、宮原るり、水城せとな、など

連絡はコメント欄、もしくは下記メールまで。
yokimangamotomu[あっとまーく]yahoo.co.jp

ランキング
ランキング参加中。
クリックでやる気大幅UP!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

こちらも参加中
人気ブログランキングへ
最近のおすすめ
他のオススメは下記リンクから。
・連載中の作品
・完結済の作品


娘のために料理を作る!料理漫画好きにも子供好きにもおすすめ!
甘々と稲妻1巻の記事へ


心を読める人が妄想好きな女の子と出会ったら・・・こうなる!
高台家の人々1巻の記事へ


少年と少女のSF青春もの。4巻の山場がまた・・・!
ひとりぼっちの地球侵略1巻の記事へ


過去に起きた凄惨な事件。そしてそれが現在へと繋がって・・・。過去の事件に迫る本格タイムトラベルサスペンス。今一番すすめたい作品!
僕だけがいない街1巻の記事へ


伝統芸能と秘密と恋の物語。雰囲気がすごく好きです
月影ベイベ1巻の記事へ


ちょっと変な神々のギャグ。ギャグマンガ日和好きなら絶対読むべき!
神々と人々の日々1巻の記事へ


小人たちののんびりした日常を描いたファンタジー。あったかくて楽しい!
ハクメイとミコチ1巻の記事へ


格ゲー全盛の時代を描いた青春もの。読むならぜひ3巻まで一気に!
ハイスコアガール1巻の記事へ

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
片思いが切ない!そしてみんな全然思い通りにならないところがまたリアルで。少女漫画でトップクラスに好きです。
失恋ショコラティエ1巻の記事へ


火星で未知の生物と遭遇!恐怖と緊張感がすさまじい!
テラフォーマーズ1巻の記事へ


新聞男がネット発のテロを起こす!今後に期待大です。
予告犯 1巻の記事へ

僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)
変な住人たちとの日常。すごく楽しい気分になれます!
僕らはみんな河合荘1巻の記事へ

やさしいセカイのつくりかた 1 (電撃コミックス)
天才研究者が女子高の先生に。女の子たちの日常や雰囲気がすごく心地よいです。
やさしいセカイのつくりかた1巻の記事へ

少年ノート(1) (モーニングKC)
ボーイソプラノの少年と合唱部を中心とした青春物語。繊細な心の動きや雰囲気がすばらしい!
少年ノート1巻の記事へ

げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)
初代も最高でしたが二代目も最高!そして斑目こそ主人公!
げんしけん 二代目の壱の記事へ

アゲイン!!(1) (KCデラックス)
タイムスリップして高校生活をやり直せ!応援団が熱い!
アゲイン!!1巻の記事へ

惡の華(1) (少年マガジンKC)
思春期のドロドロとした感情がほとばしります。生々しい。でも目が離せない。
惡の華1巻の記事へ


10年続いた二人の関係が恋に・・・なるかも!
ラストゲーム1巻の記事へ


青春音楽ラブストーリー。演奏シーンが圧巻!
四月は君の嘘1巻の記事へ

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)
落語の世界の人間模様。楽しくて切なくてすばらしい!
昭和元禄落語心中1巻の記事へ

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
農業高校での学園生活開開幕。見るもの全てが新体験!
銀の匙1巻の記事へ

アオハライド 1 (マーガレットコミックス)
初恋の人と高校で再開。再び恋が始まる!
アオハライド1巻の記事へ

レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)
無人島で同級生と二人きり!でもそれだけじゃない!
レッツラグーン1巻の記事へ


エネルギー無尽蔵の未来を描いたSFアクション。コイルとはなんなのか!?
ディメンションW1巻の記事へ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。