スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娚の一生 2巻  失いたくない存在へ

娚の一生 2巻 (フラワーコミックスアルファ)
西炯子

失うことが怖い。
だから愛したくない結婚したくない。
そんなつぐみの心は変わるのか。

関連記事は以下
娚の一生 1巻 2巻 3巻

祖母の縁で一緒に住むことになった二人。
この2巻はひたすら押す海江田と、
過去に縛られてそれを受け入れられないつぐみが描かれます。
IMG_0187
「幸せの話をすると君は下を向くんや。過去には戻れへんのに。」

いつもは飄々としている海江田の魅せるシーン。
こんな感じで猛プッシュをする海江田ですが、
つぐみの心に刺さった棘はなかなか抜けない。

つぐみは過去につらい恋愛をした。
散々嘘をつかれ、結局捨てられてしまった。

そんな経験があるから、
「もう失いたくない。」「もう誰も愛さない。」
そう決めて、祖母の家にやってきている。

だから海江田に言われても結婚を受け入れようとしないし、
愛そうともしない。
失うのが怖いから。

更に疑り深い。
嘘をつかれて裏切られた経験があるから。
IMG_0189
海江田は本当は結婚しているんじゃないか。
実は家庭があるんじゃないか。
何かきっかけがあるとどうしても疑ってしまう。

ええい、なんて手強い攻略対象だ!w

こう書いてるとやな女に見えそうですけど、違うんですよ!
すごくいい人なんです。
ただ傷ついて臆病になっているだけ。

それを少しずつ癒していったのがこの2巻の海江田。

その手段は簡単。
同じ時間を共有して、自分を見てもらうだけ。
手紙、過去の生い立ち、子供とのやり取り、
こういう日常の一つ一つのイベントの中に、
つぐみへの好意と、海江田の誠実さが現れてくる。
ちょっと口は悪いけど嘘をつかないまっすぐな人柄だからなおさらわかりやすい。

特に印象的だったのはここでした。
IMG_0191
世話をしていた子どもが迷子になったときのエピソード。
真っ先に子供に駆け寄って抱きしめたんです。
普段の飄々とした海江田からは想像できないシーン。

ここから海江田の愛情の深さがわかる。
嘘と裏切りからは程遠い人だってことがわかる。

こうやって日常を繰り返していって、
つぐみの心を溶かしていった。
一緒に住んで時間を共有することで、海江田の姿がしっかりと見えてきて、
この人なら大丈夫かもしれない・・・と、
つぐみの心が少しずつ変わっていく。

いいよね!じわじわくるよね!

そして最後、
IMG_0195
いいシーンだった!
直前はひやひやさせられたけどw

もう失いたくない。傷つきたくない。 
だからいつ失ってもいいように、誰も好きにならないと決めていた。
でもつぐみの中で海江田はもう「失いたくない存在」になっちゃってたんですよ。
そして最後のページの言葉に繋がると!

いやーよかった!
好意と日常の積み重ねによる、つぐみの心の変化。
それが見事に描かれてたこの2巻。
大満足でした。

噂では3巻で完結らしいので、
どんな結末になるか今から楽しみです。
やっと”幸せ”になれそうですね!
続きは以下
娚の一生 3巻【完結】 海江田教授の変わらぬ魅力
 娚の一生 2 (フラワーコミックスアルファ)
スポンサーサイト

弱虫ペダル 8巻  金城 vs 福富

弱虫ペダル 8巻 (少年チャンピオン・コミックス)
渡辺航

合宿を乗り切り、
あとはインターハイに向けて一直線!

関連記事は以下
弱虫ペダルの記事一覧へ

手嶋先輩から外れない靴とペダルを受け取った小野田。
これによってペダルを引っ張ることができるようになって、
走る力が倍に!
確かに自転車をこいでて上がっていくほうの足は、
足の力抜いてペダルの上に置いてるだけですからね。 
それを引っ張れたら確かに早そう。疲れそうでもあるけど。

こうして手嶋先輩の協力もあり・・
IMG_0178
1000km走破!
これでインターハイの切符を掴んだ! 
というわけでインターハイに出られることになった小野田ですが、
やっぱり不安。
皆の期待に応えられるんだろうか、足を引っ張ってしまわないだろうか、
そんな不安に潰されそうになる。

でもそんな不安を吹き飛ばしてくれるのがキャプテン金城。
IMG_0173
「チーム全員が支え合わなければ頂に登ることは出来ない!!」

個々人の力ではなく、チーム全体で支え合い協力することに主眼を置く金城主将。
期待に応えられるかなんて考えなくていい!
倒れそうになってもいい!
それぞれが自分の全力を出してチームの皆を支え、倒れそうになったら支えてもらう、
そんなお互いを補いあい高めあえるチーム。
主将のチームに対する信念がわかりますね。

というわけでインターハイに向けた心の準備も万端!

あとは真波山岳が1年生初のインターハイ出場を決めたり、
久々に小野田の「ヒーメヒメヒメ」が出てきて、
そういえばそんな設定だったなwと思い出させてくれたり、
いろいろありましたが・・・

この8巻の見所といえばやはり、
金城 vs 福富。
今は総北と箱学の主将のこの二人。
この二人の昨年のインターハイでの対決が回想されます。
IMG_0177
将来の部長らしく、重厚感のある二人。
2年にしてこの迫力ですからね・・
さすが2年生エース。

この1年前のインターハイの結果は既に明らかになっています。
二人とも落車し、箱根学園の他のエースが1,2,3フィニッシュ。

だからそこまでの過程が明らかになるのですが・・・
それよりも重要だと思ったのがチームに対する二人の考え方。
IMG_0175
「一人でも強いやつがいれば優勝はできる!!」

福富の考え方はこう。
力こそ、能力こそ、”強さ”
勝利に繋がるのはあくまで個人の能力。
そして目指すは個人の勝利。
チームの支え?想い?そんなものはつまらぬ理屈と掃き捨てる。

一方で金城の考え方は、
IMG_0176
「オレは一人で走ってるわけではない!!」

仲間の想いのせて走っている。
自分が勝つためではなくチームを勝利に導くために走っている。
周りを支え、支えられ、そしてつかむチームでの勝利!
 
この思想の違いはかなり明確ですよね。
今もこの思想が変わっていなければ、
お互いのチームもその思想に基づいて構成されているはず。 
つまり個々の能力を重視し、個人が勝とうとする箱根学園と、
お互いを補い、支え合い、チーム一丸となって、チームの勝利を目指す総北。
この異なる思想の二つのチーム。どちらが勝つのか。 
インターハイ開幕が待ち遠しい!

続きは以下
弱虫ペダル 9巻 御堂筋登場
弱虫ペダル 8 (少年チャンピオン・コミックス)

tag : 弱虫ペダル

青空エール 4巻  恋と部活とどっちが大事?

青空エール 4巻 (マーガレットコミックス)
河原和音

大介を好きだと意識し始めたつばさ。
さあ物語はどっちへ進むのか!

青空エールの感想一覧へ

3巻の感想のとこで、
「好きだと意識したあとのつばさの態度が楽しみw」
なんて書きましたが、そのつばさの反応は・・・
IMG_0164
きた!
求めていたのはこれだよ!
意識しちゃって普段通りにできない。
いいですよねーこういうの。まさに恋って感じ。 

さて一方の大介はというと、
先輩の激励もあって、試合での失敗を乗り越え、
もっともっと野球に打ち込むことを決意します。
IMG_0165
熱い!
高校生活全部賭けるんですよ!
これこそ青春だよ。
この真っ直ぐで熱い想いこそ青空エールの真骨頂ですよ。
と喜んでたらこれが思わぬ伏線になるんですが・・・

さて大介を好きだと自覚したつばさ。
メールしたり、電話したり、一緒に帰ったりしたい。
両想いになりたい!と願う。
当たり前だよね。好きになったらそうしたい。
でも告白するのはためらってた。

だけど「ひょっとしたら大介くんから・・・」なんて期待している自分に気付くんですよ。
期待してるばっかりだと。
全然がんばれてないと。
がんばろうって、強くなろうって誓ったのに全然できてない。
今こそがんばらないと、と決意して・・・
IMG_0167
告白する。

これは予想外だった・・・
もう告白するとは。

そしてその答えは・・・

城戸のセリフを借りると
「おまえはがんこだ」
これに尽きる。
そこが大介らしいとこではあるんだけど・・・

大介は良く悪くもまっすぐなんですよね。
今まではその真っ直ぐさのいい面しか出てなかったけど、
初めてその悪い面(つばさにとって)が出た感じ。
このあとのやり取りなんかも正直で真っ直ぐなんですが、
さすがにフラれた直後に普通に振舞うのは無理だよね。
無視気味になっちゃうのもわかる。
気持ちがぐるぐるしちゃうもんな。

でも最終的には関係も少し修復して、
IMG_0172
「甲子園行けるまで誰ともつきあわないから!!」
宣言。
ここで甲子園行けたら付き合おう、って言わないところがまた大介らしい!
もどかしいけどしょうがないな!

この感じだとしばらくはブラバンと野球で部活モードっぽいですね。
恋愛はまたほどほどなのかな。
部活の熱い展開も大好きなのでそれはそれで楽しみだけど。

しかしほんと・・・がんこだw

最後にこの4巻で一番好きなシーンはここ。
IMG_0171
ブラバンのみんなが演奏してくれるシーン。
落ち込んでるつばさを励ましたい。
でもつばさからは何も聞いてないから聞き出すわけにもいかない。 
だからみんなで・・・
ほんとにいいシーンだよ!
みんなに支えられてるって感じられる。
人を勝手に支えにするのがどうなのかはわからないけど、
お互いに支え合える関係は間違いなくいい関係だよね。
最高の部活メンバーだ!

次は目指せ普門館って展開かな?
がんばれブラバン!

続きは以下
青空エール 5巻 つばさが強くなった!
青空エール 4 (マーガレットコミックス)

tag : 青空エール

振り返るONE PIECE 10巻  実はかわいいアーロン 

ONE PIECE 10巻 (ジャンプ・コミックス)
尾田栄一郎

この10巻ではついにアーロン一味と戦闘開始!
幹部達と戦って、勝利し、
ルフィ対アーロンが開始するところまで。

*この記事は最新刊(56巻)まで、および0巻のネタバレを含みます。
他のワンピース関連記事は、
ワンピース感想一覧

1対1の幹部戦。
まずはハチ。
IMG_1906
ハチはこのあと扉絵シリーズに登場し、更に本編にも再登場します。
0巻にも出てくるんですよね。 
0巻のハチ。
IMG_1899
子供のはっちゃんかわいい! 
このかわいさはやばいw

今後魚人島に行くときにまた絡むことになりそうだし、
ハチの登場機会はまだ多そうですね。
むしろ仲間になってもおかしくは・・・ないかも?
これだけ魚人の設定が深いと、魚人が一人くらい仲間になりそうな気がするんですけどね。
魚人島に行ったときかな?
まあ今はジンベエが最有力かもしれませんが。

あと魚人島にはハチを超える剣豪が一人いるようだし、
そいつとゾロとの対決も楽しみ。

しかし麦わら海賊団が魚人島に行くのっていつになるんだろう・・・
今の展開だと下手したら何年後かもしれないよなぁ。

さて話を幹部戦に戻して、
次はクロオビ。
IMG_1907
魚人空手"千枚瓦正拳"の使い手。

魚人空手もただこの場限りの技だと思っていましたが、
だいぶあとにまた出てきました。
それを使ったのがジンベエ。
IMG_1908
魚人空手"五千枚瓦正拳"

魚人空手は魚人共通の武道のようですね。
魚人柔術もそうなのかな。
あとクロオビが百枚より千枚のほうが強いと言ってるので、
五千枚のほうが上なのは間違いないでしょう。
枚数が段位を示していて、増えれば増えるほど強いのかな?

ただクロオビが前半は百枚を使っていて、 途中から千枚に切り替えたので、上位には何らかリスクがあるのかもしれませんが。
界王拳的イメージ?

最後の幹部のチュウは・・・
ウソップよくやった!ってことでw 

最後に、私は気付いてなかったんですが、
この面子がのちに再登場してました。
51巻ではっちゃんが観覧車への憧れを話すシーン。
IMG_1910
「人間も魚人も子供の頃は必ずここに憧れるんだ」

この右のコマを拡大してよく見ると・・・
IMG_1909
このシルエットは!
左からチュウ、ハチ、クロオビ、アーロンですよねw

みんな観覧車に憧れてたんですね。
キャラ的にはっちゃんはわかるんだけど、
アーロンが憧れてたってのが意外でかわいいw 

かわいい子供時代のアーロンか・・・ちょっと見てみたいな。
どこであんなにグレちまったんだ!

続きは以下
振り返るONE PIECE 11巻 天敵 白猟のスモーカー
 One piece (巻10) (ジャンプ・コミックス)

百舌谷さん逆上する 4巻  FGF竜田復活

百舌谷さん逆上する 4巻 (アフタヌーンKC)
篠房六郎

変態で感動の「百舌谷さん逆上する」の4巻がついに発売!
当ブログが全力で推して推して推しまくるこの作品。
連載中だけど既に心の殿堂入り。揺るがぬ上位。
いやー待ち遠しかった。
この4巻もたまらんぜ!一気に行こう!
あ、ただこの表紙は若干買いづらかったw

関連記事は以下
百舌谷さん逆上する 1巻 2巻 3巻前 3巻後 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻

3巻のあの怒涛の展開も一段落ついて、
また学校生活が始まります。
そして久々に登場してきたのがコイツ。
IMG_0131
フラグクラッシャーファイナル竜田!(FGF竜田)
 
ご覧の通りツンデレに萌えて・・・・
って萌えじゃねぇだろ!
それは恋だよ恋!

竜田の兄貴がひどいわw
あんだけ前振りしといて、
どう考えても、"愛"か"恋"って言うんだろうな、って場面で、
"萌え"だもんなw
そりゃ吹き出すよ!

それを真面目に受け止めて
「萌え萌えなんだああああ」
って叫ぶ竜田も竜田だけどさ。
まあ竜田はそんなアホなとこがいいんだけど。

しかしこの作品はツンデレというネタ要素を真面目に扱ってるくせに、
こういうとこではちゃんとネタにすることも忘れないんだもんな。
すごいぜ。

さて、というわけで久々に登場した竜田。
この4巻では竜田の暴走と、見事なフラグクラッシャーっぷりが楽しめます。
IMG_0134
百舌谷さんを巡る感動的(?)決闘シーン。
ここだけ抜き出すと意味わからんけどホント面白かった。
あと病院とか運動会とかほんと竜田がアホでアホでおもしろいw

あとフラグクラッシャーっぷりもほんとに見事だよ。
幼なじみの五島さんが哀れ。

こんな感じでこの4巻は竜田がかなり面白いんですが、
一方で百舌谷さんはというと・・・
IMG_0138
ゆーじ君と番太郎を助けようとしていた。
その手段はお金。
心臓移植に必要なお金を作るようです。

番太郎に頼るのをやめ、
番太郎の荷物にならないように、負担にならないように、
そして今度こそ助けられるように。

百舌谷さんが健気だ・・・
健気な百舌谷さんもいい!
肝心のお金を作る方法はなんでしょうね。
携帯をいじるシーンが多かったので、株などの投資なんでしょうか。
これは近々明らかになりそうな予感。

というわけでこの4巻には番太郎との絡みはほぼないんだけど、
番太郎に対する百舌谷さんの心の声がすごくよかったw
あとニコちゃんとしてメールしたりとか。
中でもよかったのが運動会のシーン。
IMG_0140
番太郎と一瞬目が合う。

ゆーじ君の前でいいとこを見せられない番太郎を、
百舌谷さんが応援してしまうシーン。
発した言葉はいつも通りの罵声だけど、
目が合った瞬間のこの表情がすごくいい。
「お願い・・・がんばって・・・」って本音が聞こえてくる。

もっと番太郎と百舌谷さんが絡んで欲しいんだけどな。
百舌谷さんが我慢してるうちは無理なんだろうけど・・・
番太郎のイメチェンで百舌谷さんが吹き出せばいいのかw
がんばれ番太郎!

あと百舌谷さんが学校生活に溶け込めるフラグが立った気がします。
あのチアの服を作ってくれた女の子がまずそうだし、
五島さんも理解者になってくれそう。
IMG_0144
「カッコつけて勝手にスネてひがんで悪ぶったって」
「いい事なんか何一つだって無いんだからね」

まあこれは五島さんが自業自得で体験したことではあるんですが、
八つ当たりとはいえこう言ってくれるようになったってことは、
友達フラグかなぁ、と。

確かにこの作品で百舌谷さんに友達が出きたりして、
普通の生活をできるようになったらそれがハッピーエンドですよね。
少しずつ理想の形が見えてきた・・・かな?


ちなみに、
この4巻の空きページにさらっと書いてあって驚いたのですが・・・
あのナースのでこぼこコンビ。
実はあずまんが大王10周年企画の大阪万博に出てたらしいです。
というわけで大阪万博を読み返してみると・・・
IMG_0147
ああ、こいつはそうだ間違いねぇw
女子高生だから気付いてなかったぜ!
まさかあいつらだったとは迂闊だった。
知らなくても十分面白かったけど。

というわけでこの4巻も内容盛り沢山で面白かった。
やっぱり百舌谷さんはいいわ。最高!
笑いとシリアスと恋愛、あと変態のバランス感がいいぜ。
5巻が今から待ち遠しい。

続きは以下
百舌谷さん逆上する 5巻 笑い!そして伏線
百舌谷さん逆上する 4 (アフタヌーンKC)大阪万博

GetNavi4月号に掲載されました!

当ブログ「良キ漫画求ム!」が紹介されているGetNavi4月号は今日発売!
というわけで早速買って来ちゃいました。
開いてみると・・・
IMG_0150
発見!

ほんとに載ってた!夢じゃなかった!って思っちゃいました。
うちみたいな新米ブログがほんとに載るのかな・・・って思ってたし(失礼)
見かけたら是非手にとってみてください!

今回はおすすめの漫画紹介ということで、
アイアムアヒーローとモテキをおすすめしています。
記事は以下のリンク先参照。

モテキ1巻の記事へ

アイアムアヒーロー1巻の記事へ

今回こうして取り上げていただけたのも、
当ブログを訪れてくださる読者の皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。
そしてこれからもこれを励みにもっともっとがんばりますので、
応援よろしくお願いします。

そして学研パブリッシング様には今回このような貴重な機会を与えて頂けたことを、
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

GET Navi ( ゲットナビ ) 2010年 04月号 [雑誌] モテキ (1) (イブニングKC)アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)

弱虫ペダル 7巻  インターハイ出場者決定!

弱虫ペダル 7巻 (少年チャンピオン・コミックス)
渡辺航

インターハイ出場をかけての2年生との勝負がついに決着する!

関連記事は以下
弱虫ペダルの記事一覧へ

2年生の手嶋と青八木のチームワークを敗れず、
手嶋を抜くことができない1年生。
そんな状況をブチ壊しにいくのはやっぱり小野田!

しかし策士手嶋先輩はそれすら既に対策済み。
IMG_0110
今までのレースや練習での小野田の全力は40秒しかもたない。
つまり40秒耐えきれば勝てる。
今の小野田は疲れていて、自分は脚を残している。
状況は全て整った。
そりゃ「予想通りだよ1年!!」 
そんな声も出るわけですよ。
でもそういう予想や、出きないと思われることをやってのけるのが、
"主人公"! 
40秒という時間を耐え切り、手嶋先輩が勝った!と思った瞬間。
IMG_0111
ぶち抜く。

手嶋先輩の作戦は間違ってなかった。 
でもそれ以上に小野田の成長速度が早かったってことなんでしょうね。
ハンデのある自転車で、今までの自分以上の力を出せるなんて、
ほんとこの合宿でどんだけ成長したんだよって感じですよ。

でも2年生との対決はむしろここからが盛り上がる。
青八木先輩も合流し、逃げる1年生と追いかける2年生に。

1年生は強い。それは間違いない。
でも2年生は絶対に負けられない。
その理由は・・・
IMG_0113
「田所さんと行けるインターハイは、今年が最後だ」

このシーンでちょっと泣いちゃったよ・・・

自分たちをかってくれて、育ててくれて、引っ張ってくれた田所さん。
IMG_0114
インターハイに出るという目標を目指して、これ以上ないくらいお世話になった。
そんな田所さんと行けるインターハイは今年が最後。
もう一生そのチャンスはない。
だから、もう、絶対に、負けられない!!

そりゃぐっときますよ泣きますよ。
1年生にもがんばってほしいけど、2年生にも勝って欲しい。 
でも出られるのはどちらか一方。
勝負の非情さですよね。
だからこそがんばるし、その分輝くんでしょうけど。

結局勝負は最後の全力スプリントで決着がつきます。
勝ったのは、1年生。
そして負けた2年生たちに田所さんが声をかける。
IMG_0115
「おまえたちにはもう1年ある。今のおまえらなら
"2人だけでも"強くなれる」

泣ける・・・
もう田所さんはいなくなっちゃうんですよ。
2人だけになっちゃうんですよ。
ほんと2年生にもインターハイに出て欲しかった・・・

この2年生の二人にこれほど感情移入するとは思わなかった。
勝負が始まった直後は、ただの倒すべき敵としか思わなかったのに。
渡辺先生すごいよ・・・

そしてこの7巻の終わりに、
IMG_0116
手嶋先輩が小野田にクリートを手渡します。
絶対に外れないクツとペダル。
真波も言っていた必須の道具。

俺たちは出られないけど、総北を、田所さんを、表彰台へ!
1年生はその気持ちに応えないとね!
絶対に表彰台へいこう!

続きは以下
弱虫ペダル 8巻 金城 vs 福富
 弱虫ペダル 7 (少年チャンピオン・コミックス)

tag : 弱虫ペダル

アオイホノオ 1巻  この物語はフィクションである。

アオイホノオ 1巻 (ヤングサンデーコミックス)
島本和彦

マンガ大賞2010のノミネート作品、
アオイホノオの紹介と感想です。

関連記事は以下
アオイホノオ 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻

このコミックスを開くと、バカでかい文字で、
「この物語はフィクションである。」と書いてあります。
書いてありますが・・・
どうみても学生時代の島本和彦の話ですよ!
しかもこのアオイホノオは登場人物の名前が思いっきり実名ですからね。
モジってない。
だから余計面白いってもんよw

時は1980年代のはじめ。
主人公はこの男。
IMG_0097
焔燃(ホノオモユル)
漢字は違うけど間違いなくあの男!
この漫画家を目指す焔が、
大作家芸術大学で過ごす学園生活がメイン。
暑苦しいほどの熱さはいつも通り!

んでこのアオイホノオの何がすごいって、
さっきも書いたけど実名だらけってことですよ。
実名だから何倍も面白くなるw

例えば少年サンデーでうる星やつらを読めば、
IMG_0100

「今のサンデー読者にこれがわかるわけがない!」
「別の雑誌で描いたほうがいいんじゃないかっ、高橋留美子!?」

そして、
IMG_0101
「俺だけは認めてやろう!!ファンレターでも出すかな!!」

なんという上から目線w
当時それほどヒットしてなかった(?)高橋留美子に対して、
ひどい言い様ですよ!

私も生まれてないくらいの時代なので、当時どれくらいの人気だったかがわかりませんが・・
うる星やつらよりらんま1/2のほうが馴染みがあるもんなー
うる星やつらも再放送では見てたけど。

そして当時ナインを連載していたあだち充についても同様。
「女の子が可愛いだけではダメなんだ!」
「よし、俺だけは認めてやろう!!」

こんな感じで上から目線でしたが、
あだち充の人気が出てみゆきの連載が始まると・・・
IMG_0104
「俺だけの!俺だけのあだち充じゃなくなったーーーっ!!?」

落ち込む焔。

こんな感じで物語は展開していき、
いかにも青春学園ものらしく、夢を見たり、過信したり、打ち砕かれて挫折したり、
そんなのを繰り返して焔が漫画家を目指していきます。

この学園の面子もまたすごいんですよ。
私でも知ってる有名人が多い。
どんだけすごい才能が集まってるんだよこの大学は!
と突っ込みたくなる。

中でも輝きまくってたのが、
エヴァでおなじみ庵野秀明。
1巻の中でも映像作品やパラパラマンガなどいろいろ面白い場面があるんですが、
その出会いからまず衝撃的。

見知らぬ学生に、
「ショッカーの基地はどこだ!?」
と突然問い詰め、首を極めて落としておきながら、
IMG_0107
「違うっ!!」

「「わかったそれは・・・」と戦闘員が白状しかけた次の瞬間!」
「どこからか仲間の放った毒吹き矢が、こう飛んできて、のどもとに、」
「ギーーー!!」
IMG_0098
「倒れるのはそれから!!バカめ!!」

これはひどい!
あんまりだw
監督不行届とか読んでると、ああ・・確かにこんな感じか、ってわかってくるけどw

というわけでこのアオイホノオはマンガやアニメの知識が多ければ多いほど楽しめると思います。
私はマンガはわかるけど、アニメはわからないんですよね。
昔のアニメは名前しか知らないものがほとんどです。。
あの宇宙戦艦ヤマトですら、ストーリーがなんとかわかるってレベルだもん。
ただその辺のそういうネタもいっぱい出てくるので、知ってるともっと面白いんだろうなーと思います。
ちょっともったいないぜ。 
でもそんな私でも十分面白かった。
いろいろ知ってる人には特におすすめ!

続きは以下
アオイホノオ 2巻 めぞん一刻戦法
アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)監督不行届 (Feelコミックス)

tag : アオイホノオ

良キ漫画求ム!が「GetNavi」4月号に掲載されます!

なんとこの「良キ漫画求ム!」が雑誌で紹介して頂けることになりました。

掲載されるのは、
2/24発売の「GetNavi」4月号です。
GetNaviの公式サイトはコチラ

2009年10月にこのブログを開設してからまだ4ヶ月。
それなのに雑誌で紹介されてしまうなんて、
自分の運の良さにびっくりですよ!
正直最初にお話を頂いたときは、釣りか!?って思ったくらいだし(失礼)
 
雑誌に掲載されるのも初めてだし、
そもそも"人に自分についての文章を書いてもらう" って経験がなかったので、
どんな出来栄えになってるか私自身すごく楽しみです。

コンビニとかにもあると思うので、もし見かけたら手にとってみてくださいね。
白黒ページらしいので見逃さないように!


ちなみに雑誌に載るって聞いて真っ先にみそララを思い出しちゃいました。
みそララは取材する側の話でしたが、
取材される側のことがちょっと体験できたかな?と。
IMG_0109
雑誌開くときは私もちょっとドキドキしそうだなぁ。
"麦みそ"みたいなびっくりなオチがないといいけどw 

しかしみそララの記事はいつか書き直したい。
ブログ開設したてだったせいで記事内容がひどい。
好きなだけにもっと盛り沢山で書きたいぜ。

一応リンクは下記。
みそララ 1巻 2巻 3巻 

GET Navi ( ゲットナビ ) 2010年 03月号 [雑誌]みそララ 1 (まんがタイムコミックス)

ちはやふる 5巻  千早 vs クイーン

ちはやふる 5巻 (Be・Loveコミックス)
末次由紀

体調不良で団体戦はできなかった千早。
その分まで個人戦に全力で挑む!

関連記事は以下
ちはやふるの感想一覧へ

この5巻ではついに千早の前にクイーンが登場します。
IMG_1495
現クイーン若宮詩暢。

「当たりたい」
千早はクイーンに対しても向かっていく気持ちでいる。
気持ちは負けてない!

そして千早の願いが叶って、
クイーンと対戦することになる。
なるんですが・・・
このクイーンの強さが圧倒的。
IMG_1497
視覚的にその強さが感じられるコマがこれ。
怖いよ!
ここだけ見たら絶対少女漫画じゃないよ!
完全に少年漫画のラスボスクラス。

いやまあちはやふるでもラスボスなんでしょうけど。

このクイーンに対し、千早は全く札が取れない。
自信のあった速さでも勝てないし、テクニックでも負けてる。
今までクイーンと戦って敗れていった人たちと同じように、
自信をなくしかけていたけど・・・

このピンチからすくってくれたのは過去の自分。 
IMG_1501
かつて新と戦ったとき。 

一枚だけでも!と必死に札に食らいついていった自分。
そんな自分を思い出し、奮起する。
「12歳の私に気持ちで負けてどうする」

そして・・・
IMG_1503
ついに札を取る。
得意な一字決まりを2連取。

過去にがんばったことが千早を支えたわけです。
過去の自分のがんばりって力になるんですよね。
私はがんばってきた、だからいけるはずだ!っていう自信の力。
ダメかも・・・って思った瞬間ホントにダメになるもんね。
3月のライオンの、
逃げなかったという記憶が欲しかった、
のくだりを思い出しました。

結局このクイーンとの勝負は負けてしまいます。
でもクイーンの記憶に残った。
他の対戦者と違うと感じさせた。
IMG_1504
ちょっと怖い・・

一方の千早もクイーンの強さを体験し、
具体的な目標ができた。
IMG_1505 
負けて悔しくて泣いても、
もっともっと強くなろうと前に進んでいく。

クイーンにとっても千早にとっても転機になる一戦だった気がします。
次の対戦が待ち遠しいですね。
やっぱりあの1巻冒頭が・・・そうなのかな?

続きは以下
ちはやふる 6巻 決勝戦2つ!
 ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)

tag : ちはやふる

新刊(レビュー予定)
最新記事
検索フォーム
記事一覧
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
履歴
2009年10月26日 ブログ開設(livedoor Blog)
2010年2月24日 GetNavi4月号に掲載
2010年3月2日 ブログ村 コミックス感想にて初の1位獲得
2010年4月24日 FC2 BLOG(現サイト)に移転
2010年6月 10万アクセス
2011年3月 30万アクセス
2011年7月 50万アクセス
2012年1月 80万アクセス
2012年5月 100万アクセス
連続更新記録933日達成!
カウンター
プロフィール

漫画をこよなく愛する社会人。
コミックス派。

傑作だと思う完結済作品
コチラ

好きな漫画のタイプ
・王道少年漫画(ワンピ、ハンタ、青エク、etc)
・恋愛もの(ラブコメ&少女漫画)
・子供が主役(よつばと!、うさぎドロップ、etc)
・心理戦(福本作品、嘘喰い、ライアーゲーム、etc)

好みの作品が多い雑誌は、
週刊少年ジャンプ、モーニング、
アフタヌーン、別冊マーガレット

好きな作者
荒木飛呂彦、福本伸行、藤崎竜、冬目景、篠房六郎、藤田和日朗、おがきちか、冨樫義博、岩明均、宮原るり、水城せとな、など

連絡はコメント欄、もしくは下記メールまで。
yokimangamotomu[あっとまーく]yahoo.co.jp

ランキング
ランキング参加中。
クリックでやる気大幅UP!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

こちらも参加中
人気ブログランキングへ
最近のおすすめ
他のオススメは下記リンクから。
・連載中の作品
・完結済の作品


娘のために料理を作る!料理漫画好きにも子供好きにもおすすめ!
甘々と稲妻1巻の記事へ


心を読める人が妄想好きな女の子と出会ったら・・・こうなる!
高台家の人々1巻の記事へ


少年と少女のSF青春もの。4巻の山場がまた・・・!
ひとりぼっちの地球侵略1巻の記事へ


過去に起きた凄惨な事件。そしてそれが現在へと繋がって・・・。過去の事件に迫る本格タイムトラベルサスペンス。今一番すすめたい作品!
僕だけがいない街1巻の記事へ


伝統芸能と秘密と恋の物語。雰囲気がすごく好きです
月影ベイベ1巻の記事へ


ちょっと変な神々のギャグ。ギャグマンガ日和好きなら絶対読むべき!
神々と人々の日々1巻の記事へ


小人たちののんびりした日常を描いたファンタジー。あったかくて楽しい!
ハクメイとミコチ1巻の記事へ


格ゲー全盛の時代を描いた青春もの。読むならぜひ3巻まで一気に!
ハイスコアガール1巻の記事へ

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
片思いが切ない!そしてみんな全然思い通りにならないところがまたリアルで。少女漫画でトップクラスに好きです。
失恋ショコラティエ1巻の記事へ


火星で未知の生物と遭遇!恐怖と緊張感がすさまじい!
テラフォーマーズ1巻の記事へ


新聞男がネット発のテロを起こす!今後に期待大です。
予告犯 1巻の記事へ

僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)
変な住人たちとの日常。すごく楽しい気分になれます!
僕らはみんな河合荘1巻の記事へ

やさしいセカイのつくりかた 1 (電撃コミックス)
天才研究者が女子高の先生に。女の子たちの日常や雰囲気がすごく心地よいです。
やさしいセカイのつくりかた1巻の記事へ

少年ノート(1) (モーニングKC)
ボーイソプラノの少年と合唱部を中心とした青春物語。繊細な心の動きや雰囲気がすばらしい!
少年ノート1巻の記事へ

げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)
初代も最高でしたが二代目も最高!そして斑目こそ主人公!
げんしけん 二代目の壱の記事へ

アゲイン!!(1) (KCデラックス)
タイムスリップして高校生活をやり直せ!応援団が熱い!
アゲイン!!1巻の記事へ

惡の華(1) (少年マガジンKC)
思春期のドロドロとした感情がほとばしります。生々しい。でも目が離せない。
惡の華1巻の記事へ


10年続いた二人の関係が恋に・・・なるかも!
ラストゲーム1巻の記事へ


青春音楽ラブストーリー。演奏シーンが圧巻!
四月は君の嘘1巻の記事へ

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)
落語の世界の人間模様。楽しくて切なくてすばらしい!
昭和元禄落語心中1巻の記事へ

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
農業高校での学園生活開開幕。見るもの全てが新体験!
銀の匙1巻の記事へ

アオハライド 1 (マーガレットコミックス)
初恋の人と高校で再開。再び恋が始まる!
アオハライド1巻の記事へ

レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)
無人島で同級生と二人きり!でもそれだけじゃない!
レッツラグーン1巻の記事へ


エネルギー無尽蔵の未来を描いたSFアクション。コイルとはなんなのか!?
ディメンションW1巻の記事へ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。