スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓バナークリックでやる気が出ます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

*掲載画像は紹介作品からの引用であり、著作権は作者および出版社にあります。

進撃の巨人 8巻  衝撃的な事実にゾクゾクした!

進撃の巨人 8巻 (講談社コミックス)
諫山創

あれは本当に・・・怖い。

関連記事は以下
進撃の巨人の感想一覧へ

8巻が発売されました。
この8巻はすごかった。読んでて鳥肌たちました。言葉を失いました。
今までもすごい作品だとは思ってましたが、
今回はその中でも圧倒的です。
あの謎がまさかあんな・・・。

まだ読んでない方はこの感想を読まないほうがいいです。
ネタバレ無しであの衝撃を味わって欲しいので。

ではいきます。
この8巻は2つの衝撃的なエピソードがありました。
まず一つ目は女型の巨人の正体。
IMG_3512.jpg
その正体がついに判明します。
しかもエレン達がよく知る人物でした。

その正体を見破ったのはアルミン。
正確に言えば、元々ある人物に疑いを持っていたようです。
そのきっかけとなったのは5巻のエピソード。
捕らえた2体の巨人が殺されたことでした。

あのとき犯人は見つからなかったんです。
なぜなら犯行に使われた立体機動装置が見つからなかったから。
でも全員の立体機動装置の検査が行われたとき、
アルミンはあることに気付いたんです。
同期のアニが提出した立体機動装置が、
アニのものではなく、死んだマルコのものだったことに。
IMG_3508.jpg
(5巻より)

確かに今読み返してみるとアルミンが見てるんですよ!
アニの立体機動装置を!
しかもその直前に、
「!」
と何かに気付いたような様子も見せてます。

あれは言葉に反応したのかと思ってましたが、
まさか伏線だったとは・・・。
完全にやられました。

このときからアルミンはアニを疑っていたようです。
だから女型の巨人が現れたときも、
"死に急ぎ野郎"という言葉を敢えて使って反応を確かめてたみたいです。

確かにあれはすごく不自然な言い回しで、
なんでそんなことを言うのか全く意味がわからなかったんですが、
まさかこういうことだったとは。
謎が明かされてみてやっとわかりました。

というわけでまずここまででも今回はすごかったんです。
でもこのあとこそが本当に衝撃的でした。

こうしてアニ=女型の巨人として作戦を開始した調査兵団。
壁内で決死の作戦が始まります。
まずこれも見応えと迫力たっぷりで凄まじかった。
アルミンとミカサの覚悟も輝いてました。
でも本当に驚いたのはそのあとです。

この戦いの結果、壁が少しだけ崩れるんです。
街を巨人から守ってくれているあの巨大な壁が。
それは小さな穴だったんですが、
その壁の中にとんでもないものが見えたんですよ。
それはなんと・・・
IMG_3511_20120809213916.jpg
巨大な巨人。

このシーンは本当に鳥肌がたちました。ゾクッとした。
壁の中に巨人って・・・どういうことだよ・・・。
しかも生きてる。
それにたまたま穴のあいたところにだけ巨人がいたとは思えません。
壁の中は巨人でぎっしり詰まってるとしか思えない。
ずっと人間を守ってきた壁の中には巨人が詰まってる・・・?
どういうたちの悪い冗談ですか・・・。ゾッとする。
ハンジが恐怖を感じた気持ちがよくわかります。

巨人をただの外からくる外敵だと捉えてたころはわかりやすかった。
圧倒的な敵ではあるけど、そういう単純な存在だと理解はできていたから。
でもそれが壁の中に詰まってるとなると・・・もうわけがわからない。
理解の範疇を超えます。
何を信じていいのかわからない。信じられるものがなくなっちゃう。
だから怖い。

ただこの事実を冷静に捉えてみると、
この後にアルミンの言った言葉が的を射てる気がします。

「僕達はずっと巨人によって巨人から守られていた」

そうなんですよ。守られてるんですよね。
あの巨大過ぎる壁がいつどうやってできたのかずっと謎でしたが、
今回のことであの壁は巨人そのものだということがわかります。
巨人の硬化の技でできたものだと。

ということはその巨人たちには人間を守る意志があったはずです。
なんで巨人が人間を・・・?って思っちゃいますが、
巨人の中身はあくまで人間です。
ということはこの状況を整理すると、

「巨人化の技術を持った人間」が「巨人化の技術を持った人間(敵)」から、
それ以外の人間達を守っている


ということになります。
つまり巨人にも考え方の違う連中がいることになります。
親人間派と反人間派とでも言えばいいんでしょうか。
ただ現状から考えると親人間派の巨人はもうあまりいなさそうですが・・・。

あとこれで巨人が扉ばかり狙ってくる理由がわかりました。
壁には巨人が詰まってるから、だったんですね。
ということは反人間派の巨人も壁の成り立ちは知っていると。

そして人間にも壁の成り立ちを知っている者たちがいました。
それが教会の連中。
IMG_3513.jpg
「あの巨人に・・・日光を・・・当てるな・・・」

こいつらも知っていました。
これは大きな事実です。

今まで人間側には巨人や歴史に対する知識が全くないと思われていましたが、
そうではないわけです。
こいつらが知ってるなら少なくとも上層部は知っていそうですね。
となると巨人の秘密もある程度知っていると思われます。
なぜそれを全く明かさないのかは不思議ですが。

そしてそうなると物語の意味合いが少し変わってきます。
最初と変わらず人類の危機ではあるんですが、
上層部には巨人にやられるという危機感はなさそうです。
むしろそちらへ誘導してるようにも思えてしまいます。
本当に敵は内側にいるのかもしれませんね。

というわけで最高に面白かったこの8巻。
伏線が一気に回収されたし、本当にゾクゾクさせてくれました。
あの壁のシーンがとにかく衝撃的だった。
女型の巨人の正体なんて吹き飛ぶほどに。
この巻で面白さがまた一ランクあがった気がします。
9巻が本当に楽しみです。
待ち遠しい!

ちなみに。
教会の人間が日光を当てるな(=活動させるな)と言ったということは、
実は壁の中の巨人も、親人間派ではない、ということも考えられそうです。
無理やり壁を作らされたとか、実は他の目的で壁を作っただけで人間を守るつもりはないとか。
まあ教会の人間だからただ壁の存在を守るためだけの言葉かもしれませんが。
いずれにせよ次が待ち遠しすぎます。
9巻早く出て!

続きは以下
進撃の巨人 9巻  突然現れた巨人の謎。恐らく彼らは・・・
↓バナークリックでやる気が出ます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

*掲載画像は紹介作品からの引用であり、著作権は作者および出版社にあります。

tag : 進撃の巨人 諫山創 漫画 感想

コメントの投稿

非公開コメント

やる気出さなくていいからバナー押さない

感想じゃなくてただのネタバレ
どういうものかわからない初見が吟味する材料じゃない ただの内容を文にしただけ

お前は雑魚だ

次男が・・・

8巻を買ってきました。
ということは、いつのまにか5・6.7巻もそろえていたということで。
でも8巻だけ先に読ませてもらいました。
少しずつ秘密が開かされていき、ゾクゾクしました。

アニが地下へ行かなかったのは、
巨人に光を当てるな、ということは、そこに弱点?があるのでしょうか。

「光・合・成?」と言ったら、次男から冷たい視線をもらいました。
結構まじで言ったのですが、やはりピントはずれですね。

Re: 次男が・・・

>>とよさん
読まれたんですね!
今回はすごかったです。

巨人は光さえあれば活動できるようなので、
光を当てるなってのは、目覚めさせるな、活動させるなってことでしょうね。
まあ動かれたら壁がなくなりますし。

というわけでだいたい光合成ですよ。あってます(笑)

的外れもいいとこ

ちなみにとかいって後付けしてるけど、
最初からそう(光当てるな=目覚めさせてはいけない=親人間派なんてことありえない)に決まってるじゃん。

多分そんな的外れな読みしてるやつおまえしかいないよwww

扉ねらうのも、
巨人がつまってると知っていなくてもそこが弱けりゃねらうし、
そんなこと本編ででてるし。

Re: 的外れもいいとこ

>>あさん
コメントありがとうございます。
的外れでしたか。
他で調べたりしてないので、的外れなこともいっぱい書いてると思います。
そういう場合は、馬鹿なこと書いてるなーということでご容赦ください。

巨人

巨人は実は、王様が戦争のために作り元に戻れなかった


巨人が人間を襲ってるのではないでしょうか?

Re: 巨人

>>ドクターさん
なるほど!それだといろいろとつじつまもあいますね。
その可能性も十分ありそうです。
コメントありがとうございました!

すみません。前のコメントですが、内容に反省しています。ぜひ削除してください。

了解です。
削除いたしました。
新刊(レビュー予定)
最新記事
検索フォーム
記事一覧
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
履歴
2009年10月26日 ブログ開設(livedoor Blog)
2010年2月24日 GetNavi4月号に掲載
2010年3月2日 ブログ村 コミックス感想にて初の1位獲得
2010年4月24日 FC2 BLOG(現サイト)に移転
2010年6月 10万アクセス
2011年3月 30万アクセス
2011年7月 50万アクセス
2012年1月 80万アクセス
2012年5月 100万アクセス
連続更新記録933日達成!
カウンター
プロフィール

漫画をこよなく愛する社会人。
コミックス派。

傑作だと思う完結済作品
コチラ

好きな漫画のタイプ
・王道少年漫画(ワンピ、ハンタ、青エク、etc)
・恋愛もの(ラブコメ&少女漫画)
・子供が主役(よつばと!、うさぎドロップ、etc)
・心理戦(福本作品、嘘喰い、ライアーゲーム、etc)

好みの作品が多い雑誌は、
週刊少年ジャンプ、モーニング、
アフタヌーン、別冊マーガレット

好きな作者
荒木飛呂彦、福本伸行、藤崎竜、冬目景、篠房六郎、藤田和日朗、おがきちか、冨樫義博、岩明均、宮原るり、水城せとな、など

連絡はコメント欄、もしくは下記メールまで。
yokimangamotomu[あっとまーく]yahoo.co.jp

ランキング
ランキング参加中。
クリックでやる気大幅UP!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

こちらも参加中
人気ブログランキングへ
最近のおすすめ
他のオススメは下記リンクから。
・連載中の作品
・完結済の作品


娘のために料理を作る!料理漫画好きにも子供好きにもおすすめ!
甘々と稲妻1巻の記事へ


心を読める人が妄想好きな女の子と出会ったら・・・こうなる!
高台家の人々1巻の記事へ


少年と少女のSF青春もの。4巻の山場がまた・・・!
ひとりぼっちの地球侵略1巻の記事へ


過去に起きた凄惨な事件。そしてそれが現在へと繋がって・・・。過去の事件に迫る本格タイムトラベルサスペンス。今一番すすめたい作品!
僕だけがいない街1巻の記事へ


伝統芸能と秘密と恋の物語。雰囲気がすごく好きです
月影ベイベ1巻の記事へ


ちょっと変な神々のギャグ。ギャグマンガ日和好きなら絶対読むべき!
神々と人々の日々1巻の記事へ


小人たちののんびりした日常を描いたファンタジー。あったかくて楽しい!
ハクメイとミコチ1巻の記事へ


格ゲー全盛の時代を描いた青春もの。読むならぜひ3巻まで一気に!
ハイスコアガール1巻の記事へ

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
片思いが切ない!そしてみんな全然思い通りにならないところがまたリアルで。少女漫画でトップクラスに好きです。
失恋ショコラティエ1巻の記事へ


火星で未知の生物と遭遇!恐怖と緊張感がすさまじい!
テラフォーマーズ1巻の記事へ


新聞男がネット発のテロを起こす!今後に期待大です。
予告犯 1巻の記事へ

僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)
変な住人たちとの日常。すごく楽しい気分になれます!
僕らはみんな河合荘1巻の記事へ

やさしいセカイのつくりかた 1 (電撃コミックス)
天才研究者が女子高の先生に。女の子たちの日常や雰囲気がすごく心地よいです。
やさしいセカイのつくりかた1巻の記事へ

少年ノート(1) (モーニングKC)
ボーイソプラノの少年と合唱部を中心とした青春物語。繊細な心の動きや雰囲気がすばらしい!
少年ノート1巻の記事へ

げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)
初代も最高でしたが二代目も最高!そして斑目こそ主人公!
げんしけん 二代目の壱の記事へ

アゲイン!!(1) (KCデラックス)
タイムスリップして高校生活をやり直せ!応援団が熱い!
アゲイン!!1巻の記事へ

惡の華(1) (少年マガジンKC)
思春期のドロドロとした感情がほとばしります。生々しい。でも目が離せない。
惡の華1巻の記事へ


10年続いた二人の関係が恋に・・・なるかも!
ラストゲーム1巻の記事へ


青春音楽ラブストーリー。演奏シーンが圧巻!
四月は君の嘘1巻の記事へ

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)
落語の世界の人間模様。楽しくて切なくてすばらしい!
昭和元禄落語心中1巻の記事へ

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
農業高校での学園生活開開幕。見るもの全てが新体験!
銀の匙1巻の記事へ

アオハライド 1 (マーガレットコミックス)
初恋の人と高校で再開。再び恋が始まる!
アオハライド1巻の記事へ

レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)
無人島で同級生と二人きり!でもそれだけじゃない!
レッツラグーン1巻の記事へ


エネルギー無尽蔵の未来を描いたSFアクション。コイルとはなんなのか!?
ディメンションW1巻の記事へ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。