スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓バナークリックでやる気が出ます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

*掲載画像は紹介作品からの引用であり、著作権は作者および出版社にあります。

友達100人できるかな 3巻  帰りたくない未来

友達100人できるかな 3巻 (アフタヌーンKC)
とよ田みのる

もし小学生に戻れたら・・・

関連記事は以下
友達100人できるかな 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻

この3巻もいいエピソードがいっぱい。
友達作りのいろんな過程が楽しめます。
中でも好きだったのはカイカイと井森君の話かな。

まずはカイカイのほうから。
IMG_0913.jpg
名前は甲斐優。
勉強はできるけどほとんど喋らないのでとっつきにくい感じの子。

このエピソードは直行視点ではなく、
カイカイの視点で物語が描かれます。
というわけで直行が何を考えてるかわからなくて新鮮です。
直行の、
「本気でいくよ」
ってセリフのときはカッコよかったし!
でも他人の視点で見ると直行の行動はおかしかったけどw
で、このカイカイは直行のことがあまり好きではないんですよ。
以前は自分がクラス一の秀才だったのに、
直行がその立場を奪ったから。
その上、目立し、クラスの人気者だし、みんな誉めてるしで、
「絶対に友達になんかなりたくない!!!」
って思ってたんです。

自分に一つだけ取り柄があってそれだけは負けたくないのに、負けてしまう。
しかもそれ以外の部分でも相手は優れてる。
すごいやつだとは思うんだけど、認めたくない。
認めたくないから距離を置こうとする。

うーん気持ちがわかるなぁ。

というわけでプライドの高いカイカイですが、
そこはやっぱり子どもなんです。
子どもだから感情的に距離を取ろうとするけど、
逆に子どもで素直だから、気持ちがほぐれやすくもあるわけで。

直行と一緒に運動会の二人三脚を練習する中で、
徐々に気持ちがほぐれていく。
はじめは、
「しつこいな」「ガマンすればいいんだろ」
なんてマイナスの気持ちだったのが、
直行と一緒に真剣に練習に取り組むようになっていく。

ここは会話もほとんどないわずか数ページの描写なんですが、
カイカイの気持ちの変化がよく表れていて好きでした。

そして迎えた運動会。
IMG_0914.jpg
「テストで一番取るのとは全然違う」

本番でまた気持ちが変化する。景色が違うことに気付くんです。
そして直行への気持ちも変わる。
ここでのカイカイの心の声がすごくいい。
これぞ"友達"って感じなんです。
ちょっとジーンときた。

そして走りきったあとカイカイは・・・
敢えて画像はのせないけどすごくよかった。笑っちゃったけどw

というわけで友達視点を生かし、
友達になっていく心の過程をしっかり描いたこのエピソード。
すばらしかったです。

この時点で3巻もいいぜ!と思ってたんですが、
最後のエピソードも良かったんですよ。
それが井森くん。
IMG_0916.jpg
3人目の再来者。

といっても仲間になるわけじゃないんです。
この井森くんはもう友達を99人まで揃えてる。
でも未来へ帰ろうとしないんです。
未来よりも小学生の"今"のほうがいいから。

これはこの作品を読んだときから思ってたことなんですよ。
小学生に戻れたら未来へ帰りたくなくなるんじゃないかって。
直行みたいなやつは違うでしょうけど、私だったら帰りたくなくなるかもしれない。
昔に戻りたいと思ってる人は少なくないと思いますしね。
というわけでそれを描いてくれたのがこのエピソード。
ベタっちゃベタなんですが、私ももっと今をがんばろうなんて思えました。
好きな話です。

ちなみにヒカルちゃんの話。
IMG_0915.jpg
「アナタ達とは友達になれない!!!」

いくらなんでもひどいことやり過ぎ!と思ってたんですが、
作者コメントで"スネてたのかもしれない"ってのを見て和みました。
きっとそうですね。

ちなみに1巻の直行はちゃんと言ってます。
やっぱり言わなきゃ伝わらないよなー

続きは以下
友達100人できるかな 4巻  役立たずな直行
友達100人できるかな(3) (アフタヌーンKC)
↓バナークリックでやる気が出ます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

*掲載画像は紹介作品からの引用であり、著作権は作者および出版社にあります。

tag : 友達100人できるかな とよ田みのる 漫画 感想

コメントの投稿

非公開コメント

新刊(レビュー予定)
最新記事
検索フォーム
記事一覧
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
履歴
2009年10月26日 ブログ開設(livedoor Blog)
2010年2月24日 GetNavi4月号に掲載
2010年3月2日 ブログ村 コミックス感想にて初の1位獲得
2010年4月24日 FC2 BLOG(現サイト)に移転
2010年6月 10万アクセス
2011年3月 30万アクセス
2011年7月 50万アクセス
2012年1月 80万アクセス
2012年5月 100万アクセス
連続更新記録933日達成!
カウンター
プロフィール

漫画をこよなく愛する社会人。
コミックス派。

傑作だと思う完結済作品
コチラ

好きな漫画のタイプ
・王道少年漫画(ワンピ、ハンタ、青エク、etc)
・恋愛もの(ラブコメ&少女漫画)
・子供が主役(よつばと!、うさぎドロップ、etc)
・心理戦(福本作品、嘘喰い、ライアーゲーム、etc)

好みの作品が多い雑誌は、
週刊少年ジャンプ、モーニング、
アフタヌーン、別冊マーガレット

好きな作者
荒木飛呂彦、福本伸行、藤崎竜、冬目景、篠房六郎、藤田和日朗、おがきちか、冨樫義博、岩明均、宮原るり、水城せとな、など

連絡はコメント欄、もしくは下記メールまで。
yokimangamotomu[あっとまーく]yahoo.co.jp

ランキング
ランキング参加中。
クリックでやる気大幅UP!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

こちらも参加中
人気ブログランキングへ
最近のおすすめ
他のオススメは下記リンクから。
・連載中の作品
・完結済の作品


娘のために料理を作る!料理漫画好きにも子供好きにもおすすめ!
甘々と稲妻1巻の記事へ


心を読める人が妄想好きな女の子と出会ったら・・・こうなる!
高台家の人々1巻の記事へ


少年と少女のSF青春もの。4巻の山場がまた・・・!
ひとりぼっちの地球侵略1巻の記事へ


過去に起きた凄惨な事件。そしてそれが現在へと繋がって・・・。過去の事件に迫る本格タイムトラベルサスペンス。今一番すすめたい作品!
僕だけがいない街1巻の記事へ


伝統芸能と秘密と恋の物語。雰囲気がすごく好きです
月影ベイベ1巻の記事へ


ちょっと変な神々のギャグ。ギャグマンガ日和好きなら絶対読むべき!
神々と人々の日々1巻の記事へ


小人たちののんびりした日常を描いたファンタジー。あったかくて楽しい!
ハクメイとミコチ1巻の記事へ


格ゲー全盛の時代を描いた青春もの。読むならぜひ3巻まで一気に!
ハイスコアガール1巻の記事へ

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
片思いが切ない!そしてみんな全然思い通りにならないところがまたリアルで。少女漫画でトップクラスに好きです。
失恋ショコラティエ1巻の記事へ


火星で未知の生物と遭遇!恐怖と緊張感がすさまじい!
テラフォーマーズ1巻の記事へ


新聞男がネット発のテロを起こす!今後に期待大です。
予告犯 1巻の記事へ

僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)
変な住人たちとの日常。すごく楽しい気分になれます!
僕らはみんな河合荘1巻の記事へ

やさしいセカイのつくりかた 1 (電撃コミックス)
天才研究者が女子高の先生に。女の子たちの日常や雰囲気がすごく心地よいです。
やさしいセカイのつくりかた1巻の記事へ

少年ノート(1) (モーニングKC)
ボーイソプラノの少年と合唱部を中心とした青春物語。繊細な心の動きや雰囲気がすばらしい!
少年ノート1巻の記事へ

げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)
初代も最高でしたが二代目も最高!そして斑目こそ主人公!
げんしけん 二代目の壱の記事へ

アゲイン!!(1) (KCデラックス)
タイムスリップして高校生活をやり直せ!応援団が熱い!
アゲイン!!1巻の記事へ

惡の華(1) (少年マガジンKC)
思春期のドロドロとした感情がほとばしります。生々しい。でも目が離せない。
惡の華1巻の記事へ


10年続いた二人の関係が恋に・・・なるかも!
ラストゲーム1巻の記事へ


青春音楽ラブストーリー。演奏シーンが圧巻!
四月は君の嘘1巻の記事へ

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)
落語の世界の人間模様。楽しくて切なくてすばらしい!
昭和元禄落語心中1巻の記事へ

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
農業高校での学園生活開開幕。見るもの全てが新体験!
銀の匙1巻の記事へ

アオハライド 1 (マーガレットコミックス)
初恋の人と高校で再開。再び恋が始まる!
アオハライド1巻の記事へ

レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)
無人島で同級生と二人きり!でもそれだけじゃない!
レッツラグーン1巻の記事へ


エネルギー無尽蔵の未来を描いたSFアクション。コイルとはなんなのか!?
ディメンションW1巻の記事へ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。