スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓バナークリックでやる気が出ます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

*掲載画像は紹介作品からの引用であり、著作権は作者および出版社にあります。

屍鬼 6巻  より深い恐怖へ!

屍鬼 6巻 (ジャンプコミックス)
藤崎竜

尾崎医師の覚悟が作品世界を一変させる!

関連記事は以下
屍鬼 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻 11巻

この6巻はすごいです。
私の中で更に一段階、作品のレベルが上がった。
今までは「屍鬼面白いよ!」だったのが、
「おいおい屍鬼やばいぞこれ!」に変わりました。

そのきっかけとなったのは尾崎医師の妻。
IMG_1022.jpg
気づかぬ間に血を吸われていた。
しかも複数回。
もう助からない・・・

この状況で尾崎医師が覚悟を決める。
それは妻を密かに屍鬼にし、調査すること。
まず妻は死にます。
しかし妻を屍鬼とするため、妻の死は秘密に。
そして死体を隠し、毎日観察を繰り返す。
皆に死体とばれないように・・・・
そして決して腐敗しないように・・・

この段階からドキドキがたまらないです。
"死体を隠す"なんて例えどんな山奥に埋めたって心配で仕方ないだろうに、
誰にでもいける身近に置いて観察し続ける。
この異常な状態に緊張感が高まっていきます。

そして・・・
IMG_1023.jpg
起き上がる。

思わず鳥肌たちました。
その直前の心電図で既にドキドキしてたけど、
ページめくったらこうなんだもの・・・

でもこんなのまだ前座なんです。
ここまででドキドキしてたけど、ここからが・・・
だって尾崎先生の目的は"屍鬼を調べる"ことなんだもの。

屍鬼とは何なのか。
どうやって変化するのか。
どうやって生きているのか。
そして・・・どうやれば死ぬのか。

この"調査"は全てを記録するため、
尾崎医師の手によるドキュメンタリー形式で描かれます。
IMG_1025.jpg
これが更に恐怖を煽る・・・
尾崎医師は解説を加えながら淡々とやっていくんです。
でもやってることが異常過ぎて・・・

"どうやれば死ぬのか"を調べるわけですからね。
まず麻酔から始まって、薬品を投与、そして農薬、
更に傷をつけ、動脈を切り・・・・
これらを淡々と解説しながら行っていく・・・
正直こういう行為には嫌悪感を感じちゃうわけですよ。
尾崎医師のことが本当に怖くなる。

でもだからこそ恐怖を描く作品として世界が昇華していくと思うんです。
「尾崎先生が怖い」
たぶんこれがこの作品で初めて感じた本当の恐怖じゃないでしょうか。

今までももちろん怖かったけど、それはあくまで作品世界での話。
読んでるこっちからすれば作品世界を上から眺めながら、
「こわっ!」「びっくりした!」って驚いてる感じ。
あくまで他人事でした。
だから尾崎先生が暗い目をしていたり、「墓を暴く」なんて行為をしても、
「うおーついにきたか!」くらいの気持ちだった。

でもあの妻を使った調査のシーン。
あれを見たあとは・・・
IMG_1026.jpg
尾崎先生のこんな顔が怖くてたまらなくなる。
本当の恐怖を感じるようになる。
すごいですよこれは・・・

更にこの一件で作品内での構図が変わりました。
今まではざっくり言えば、
「正義 vs 悪」だったのが、
ここからは、
「悪 vs 悪」へ。
どちらもある意味"堕ちた"ものたち。
どちらの生き方が勝利するのか。その先に何があるのか。
ゾクゾクしてくるじゃないですか。

というわけで作品の雰囲気が一気に変わったこの6巻。
更に夏野のほうも・・・
IMG_1027.jpg
起き上がった・・・?

ここからこの作品はどこへ行くのか。
どうなるのか。楽しみで仕方ありません。
原作読んでなくてよかったです。
原作は漫画版が完結してから読もっと。

屍鬼 7巻 再び出会う二人
屍鬼 6 (ジャンプコミックス)

↓バナークリックでやる気が出ます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

*掲載画像は紹介作品からの引用であり、著作権は作者および出版社にあります。

tag : 屍鬼 藤崎竜 漫画 感想

コメントの投稿

非公開コメント

新刊(レビュー予定)
最新記事
検索フォーム
記事一覧
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
履歴
2009年10月26日 ブログ開設(livedoor Blog)
2010年2月24日 GetNavi4月号に掲載
2010年3月2日 ブログ村 コミックス感想にて初の1位獲得
2010年4月24日 FC2 BLOG(現サイト)に移転
2010年6月 10万アクセス
2011年3月 30万アクセス
2011年7月 50万アクセス
2012年1月 80万アクセス
2012年5月 100万アクセス
連続更新記録933日達成!
カウンター
プロフィール

漫画をこよなく愛する社会人。
コミックス派。

傑作だと思う完結済作品
コチラ

好きな漫画のタイプ
・王道少年漫画(ワンピ、ハンタ、青エク、etc)
・恋愛もの(ラブコメ&少女漫画)
・子供が主役(よつばと!、うさぎドロップ、etc)
・心理戦(福本作品、嘘喰い、ライアーゲーム、etc)

好みの作品が多い雑誌は、
週刊少年ジャンプ、モーニング、
アフタヌーン、別冊マーガレット

好きな作者
荒木飛呂彦、福本伸行、藤崎竜、冬目景、篠房六郎、藤田和日朗、おがきちか、冨樫義博、岩明均、宮原るり、水城せとな、など

連絡はコメント欄、もしくは下記メールまで。
yokimangamotomu[あっとまーく]yahoo.co.jp

ランキング
ランキング参加中。
クリックでやる気大幅UP!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

こちらも参加中
人気ブログランキングへ
最近のおすすめ
他のオススメは下記リンクから。
・連載中の作品
・完結済の作品


娘のために料理を作る!料理漫画好きにも子供好きにもおすすめ!
甘々と稲妻1巻の記事へ


心を読める人が妄想好きな女の子と出会ったら・・・こうなる!
高台家の人々1巻の記事へ


少年と少女のSF青春もの。4巻の山場がまた・・・!
ひとりぼっちの地球侵略1巻の記事へ


過去に起きた凄惨な事件。そしてそれが現在へと繋がって・・・。過去の事件に迫る本格タイムトラベルサスペンス。今一番すすめたい作品!
僕だけがいない街1巻の記事へ


伝統芸能と秘密と恋の物語。雰囲気がすごく好きです
月影ベイベ1巻の記事へ


ちょっと変な神々のギャグ。ギャグマンガ日和好きなら絶対読むべき!
神々と人々の日々1巻の記事へ


小人たちののんびりした日常を描いたファンタジー。あったかくて楽しい!
ハクメイとミコチ1巻の記事へ


格ゲー全盛の時代を描いた青春もの。読むならぜひ3巻まで一気に!
ハイスコアガール1巻の記事へ

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
片思いが切ない!そしてみんな全然思い通りにならないところがまたリアルで。少女漫画でトップクラスに好きです。
失恋ショコラティエ1巻の記事へ


火星で未知の生物と遭遇!恐怖と緊張感がすさまじい!
テラフォーマーズ1巻の記事へ


新聞男がネット発のテロを起こす!今後に期待大です。
予告犯 1巻の記事へ

僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)
変な住人たちとの日常。すごく楽しい気分になれます!
僕らはみんな河合荘1巻の記事へ

やさしいセカイのつくりかた 1 (電撃コミックス)
天才研究者が女子高の先生に。女の子たちの日常や雰囲気がすごく心地よいです。
やさしいセカイのつくりかた1巻の記事へ

少年ノート(1) (モーニングKC)
ボーイソプラノの少年と合唱部を中心とした青春物語。繊細な心の動きや雰囲気がすばらしい!
少年ノート1巻の記事へ

げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)
初代も最高でしたが二代目も最高!そして斑目こそ主人公!
げんしけん 二代目の壱の記事へ

アゲイン!!(1) (KCデラックス)
タイムスリップして高校生活をやり直せ!応援団が熱い!
アゲイン!!1巻の記事へ

惡の華(1) (少年マガジンKC)
思春期のドロドロとした感情がほとばしります。生々しい。でも目が離せない。
惡の華1巻の記事へ


10年続いた二人の関係が恋に・・・なるかも!
ラストゲーム1巻の記事へ


青春音楽ラブストーリー。演奏シーンが圧巻!
四月は君の嘘1巻の記事へ

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)
落語の世界の人間模様。楽しくて切なくてすばらしい!
昭和元禄落語心中1巻の記事へ

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
農業高校での学園生活開開幕。見るもの全てが新体験!
銀の匙1巻の記事へ

アオハライド 1 (マーガレットコミックス)
初恋の人と高校で再開。再び恋が始まる!
アオハライド1巻の記事へ

レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)
無人島で同級生と二人きり!でもそれだけじゃない!
レッツラグーン1巻の記事へ


エネルギー無尽蔵の未来を描いたSFアクション。コイルとはなんなのか!?
ディメンションW1巻の記事へ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。