スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓バナークリックでやる気が出ます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

*掲載画像は紹介作品からの引用であり、著作権は作者および出版社にあります。

罪と罰 1巻  動き出す「ある計画」が全ての始まり

罪と罰 1巻 (アクションコミックス)
落合尚之

大学をドロップアウトした主人公と、
援助交際をする女子高生。
この出会いによって生まれた「ある計画」が、
この作品の中心であり、始まりです。

関連記事は以下
罪と罰 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻

まず最初に言っておきますが、合う合わないが強い作品だと思います。
私も正直手を出すのを渋ってました。
でも一度読み始めたら止まらなかった。
あらすじだけ見れば自分の好きな話じゃないのに、私自身も不思議です。
暗く陰惨で救われない内容でありながら、
完成度が高いことと、あるゴールに向かって進んでいるのが見えるからかもしれません。
特に完成度の高さには驚かされる。
最初から全ての話ができてるんだろうなぁ。

手にとってみる際は是非2巻まで読むことをおすすめします。
1巻は本当に序章でオープニングを見ているようなもの。
2巻からが本当の始まりです。
まあその分1巻には伏線も山のようにありますが。

では紹介。
ただし今回は1巻の内容の完全なネタバレがありますのでご注意を。

主人公はこの男。
IMG_1075.jpg
裁弥勒。
大学をドロップアウトしたひきこもり。
プライドが高く、人を見下しているくせに、
劣等感も人一倍強い。
好きになれない人間です。

でも好きになる必要のない話の作りになっています。
読んでるときは誰にも感情移入はせず、この男を見ている感じ。

この弥勒と女子高生との出会いが運命を変える。
それはこの二人。
IMG_1076.jpg
左がリサ。右がヒカル。

この二人の関係を簡単に言えば、
右のヒカルがいじめる側、リサがいじめられる側、です。
そんな生易しいものではないかな。
もっと言うなら"支配者"と"奴隷"。

弥勒はこの二人に会います。
でも会ったといっても運命的な出会い方だったわけじゃない。
ただ二人を"見た"だけ。
ひどい仕打ちを受けるリサと、
それを笑いながら行うヒカル。

弥勒は当然ヒカルに嫌悪感を抱く。
あんなのは社会の害をなすだけの害虫だと。

それが弥勒に「ある計画」を思いつかせる。

その計画は一見すれば馬鹿げたもの。
でも弥勒の環境、そして自尊心の高さ、
それが弥勒を突き動かしていきます。

そして計画を実行すべくヒカルへと近づいていく。
IMG_1077.jpg
このヒカルはかなりの切れ者で、
弥勒のほうが翻弄される場面も多々あります。
力関係から言えばヒカルに負けているかもしれません。
主導権をとってるのはあくまでヒカル。

しかしやっと話を聞く機会を与えられ、
なぜリサにあんなことをするのかと問うと・・・
IMG_1073.jpg
「あたしの苛めはリサにとって・・・神様の慈悲そのものだわ」

反省や哀れむ気持ちなど何もない。
リサは楽しいおもちゃ、やめられない麻薬、とまで言い切る。
まさに一点の光すらない悪。

この言葉を聞いて弥勒は決意する。
「ある計画」の始まりを。
IMG_1078.jpg
「殺す 俺はこの女を殺すだろう」

これが1巻のラスト。
ここから物語は動き始めます。

この1巻は、
リサの状況を見てるだけでつらくなってくるし、
主人公もヒカルに翻弄されてるしで、
何がいいかわからないかもしれません。

でも読み進めるうちにこの世界に引き込まれていきます。
"引き込まれる"って言葉はこの作品にぴったりだと思うくらいです。
「ある計画」を物語の中心とし、
何が弥勒を計画へと駆り立てたのか、
そしてその後に何があるのか。
徐々に明らかになっていく。
楽しい!なんて気持ちには全くなれないのに、続きが気になってたまらない。
そんな作品です。
暗い話、つらい話、が苦手な人には向いていませんが、
もし試しに読むなら2巻までは読むことをおすすめします。

続きは以下
罪と罰 2巻 決行
罪と罰 1 (アクションコミックス)

↓バナークリックでやる気が出ます!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

*掲載画像は紹介作品からの引用であり、著作権は作者および出版社にあります。

tag : 罪と罰 落合尚之 漫画 感想

コメントの投稿

非公開コメント

新刊(レビュー予定)
最新記事
検索フォーム
記事一覧
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
履歴
2009年10月26日 ブログ開設(livedoor Blog)
2010年2月24日 GetNavi4月号に掲載
2010年3月2日 ブログ村 コミックス感想にて初の1位獲得
2010年4月24日 FC2 BLOG(現サイト)に移転
2010年6月 10万アクセス
2011年3月 30万アクセス
2011年7月 50万アクセス
2012年1月 80万アクセス
2012年5月 100万アクセス
連続更新記録933日達成!
カウンター
プロフィール

漫画をこよなく愛する社会人。
コミックス派。

傑作だと思う完結済作品
コチラ

好きな漫画のタイプ
・王道少年漫画(ワンピ、ハンタ、青エク、etc)
・恋愛もの(ラブコメ&少女漫画)
・子供が主役(よつばと!、うさぎドロップ、etc)
・心理戦(福本作品、嘘喰い、ライアーゲーム、etc)

好みの作品が多い雑誌は、
週刊少年ジャンプ、モーニング、
アフタヌーン、別冊マーガレット

好きな作者
荒木飛呂彦、福本伸行、藤崎竜、冬目景、篠房六郎、藤田和日朗、おがきちか、冨樫義博、岩明均、宮原るり、水城せとな、など

連絡はコメント欄、もしくは下記メールまで。
yokimangamotomu[あっとまーく]yahoo.co.jp

ランキング
ランキング参加中。
クリックでやる気大幅UP!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

こちらも参加中
人気ブログランキングへ
最近のおすすめ
他のオススメは下記リンクから。
・連載中の作品
・完結済の作品


娘のために料理を作る!料理漫画好きにも子供好きにもおすすめ!
甘々と稲妻1巻の記事へ


心を読める人が妄想好きな女の子と出会ったら・・・こうなる!
高台家の人々1巻の記事へ


少年と少女のSF青春もの。4巻の山場がまた・・・!
ひとりぼっちの地球侵略1巻の記事へ


過去に起きた凄惨な事件。そしてそれが現在へと繋がって・・・。過去の事件に迫る本格タイムトラベルサスペンス。今一番すすめたい作品!
僕だけがいない街1巻の記事へ


伝統芸能と秘密と恋の物語。雰囲気がすごく好きです
月影ベイベ1巻の記事へ


ちょっと変な神々のギャグ。ギャグマンガ日和好きなら絶対読むべき!
神々と人々の日々1巻の記事へ


小人たちののんびりした日常を描いたファンタジー。あったかくて楽しい!
ハクメイとミコチ1巻の記事へ


格ゲー全盛の時代を描いた青春もの。読むならぜひ3巻まで一気に!
ハイスコアガール1巻の記事へ

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
片思いが切ない!そしてみんな全然思い通りにならないところがまたリアルで。少女漫画でトップクラスに好きです。
失恋ショコラティエ1巻の記事へ


火星で未知の生物と遭遇!恐怖と緊張感がすさまじい!
テラフォーマーズ1巻の記事へ


新聞男がネット発のテロを起こす!今後に期待大です。
予告犯 1巻の記事へ

僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)
変な住人たちとの日常。すごく楽しい気分になれます!
僕らはみんな河合荘1巻の記事へ

やさしいセカイのつくりかた 1 (電撃コミックス)
天才研究者が女子高の先生に。女の子たちの日常や雰囲気がすごく心地よいです。
やさしいセカイのつくりかた1巻の記事へ

少年ノート(1) (モーニングKC)
ボーイソプラノの少年と合唱部を中心とした青春物語。繊細な心の動きや雰囲気がすばらしい!
少年ノート1巻の記事へ

げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)
初代も最高でしたが二代目も最高!そして斑目こそ主人公!
げんしけん 二代目の壱の記事へ

アゲイン!!(1) (KCデラックス)
タイムスリップして高校生活をやり直せ!応援団が熱い!
アゲイン!!1巻の記事へ

惡の華(1) (少年マガジンKC)
思春期のドロドロとした感情がほとばしります。生々しい。でも目が離せない。
惡の華1巻の記事へ


10年続いた二人の関係が恋に・・・なるかも!
ラストゲーム1巻の記事へ


青春音楽ラブストーリー。演奏シーンが圧巻!
四月は君の嘘1巻の記事へ

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN)
落語の世界の人間模様。楽しくて切なくてすばらしい!
昭和元禄落語心中1巻の記事へ

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
農業高校での学園生活開開幕。見るもの全てが新体験!
銀の匙1巻の記事へ

アオハライド 1 (マーガレットコミックス)
初恋の人と高校で再開。再び恋が始まる!
アオハライド1巻の記事へ

レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)
無人島で同級生と二人きり!でもそれだけじゃない!
レッツラグーン1巻の記事へ


エネルギー無尽蔵の未来を描いたSFアクション。コイルとはなんなのか!?
ディメンションW1巻の記事へ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。